次のエンドツーエンド暗号化セッション タイプは、リクエストにより、ユーザーの Webex サイトで利用できるようになります。

Webex Meetings

  • Pro-End to End Encryption_VOIPonly—Webex Starter、Plus、Business、および Enterprise プラン。

  • Pro 3 Free-End to End Encryption_VOIPonly—Webex 無料プラン。

[Webex Support]

  • SC-End to End Encryption_VOIPonly—エンタープライズ プラン。

これらのセッション タイプは、エンドツーエンドの暗号化されたコンテンツ共有、ビデオ、および VoIP 音声をサポートしています。


公衆交換電話網 (PSTN) 音声を追加することにした場合、音声は [コールバック][コールイン] 音声接続オプションを使用して暗号化されず、ビデオと VoIP はエンドツーエンド暗号化されません。 コンテンツ共有のみがエンドツーエンドで暗号化されます。

エンドツーエンド暗号化セッション タイプでは利用できない機能は次の通りです。

  • パーソナル会議室ミーティング

  • 主催者より先に参加できる

  • ビデオ デバイスを有効にしたミーティング

  • Cisco Webex Meetings ウェブ アプリ

  • Linux クライアント

  • ネットワーク録画 (NBR)

  • セッション データ、議事録、ミーティングのメモなどの保存

  • リモートコンピュータの共有

  • PSTN 音声 (コールバックおよびコールイン オプション)

1. Webex サイトのエンドツーエンド暗号化セッション タイプのリクエスト

エンドツーエンド暗号化セッション タイプは、デフォルトですべての Webex サイトで有効になっているわけではなく、リクエストによってのみ利用できます。

2. ユーザー向けのエンドツーエンド暗号化セッション タイプを有効にする


この手順は、2020 年 3 月 18 日より前に作成された Webex 無料プラン、または Webex Starter、Plus、Business、または Enterprise プランにのみ適用されます。

Webex サイトでエンドツーエンド暗号化セッション タイプを有効にしている場合、Control Hub またはサイト管理で Webex サイトを管理しているかどうかに応じて、エンドツーエンド暗号化セッションタイプを新しいユーザーのデフォルトとして設定し、そののち既存のユーザーのセッションタイプを有効にすることが必要となる必要があります。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] を選択します。

3

[共通設定] の下で、[セッション タイプ] を選択します。

4

自分のプランで利用可能なセッションタイプを見つけ、[新規ユーザーのデフォルト] チェックボックスにチェックを入れ、次に [更新] を選択します。

  • Pro-End to End Encryption_VOIPonly—Webex Meetings のための Webex Starter、Plus、Business、および Enterprise プラン
  • Pro 3 Free-End to End Encryption_VOIPonly—Webex 無料プラン。
  • SC-End to End Encryption_VOIPonly—Webex Support のあるWebex Enterprise プラン。
5

オプションで、エンドツーエンドの暗号化を機能として保持し、エンドツーエンド暗号化で動作する機能を選択する限り、これらのセッション タイプをカスタマイズして、さらに多くの機能を追加することができます。

6

これらのセッション タイプが特定のユーザーに対して有効になっていることを確認するには:

  1. [ユーザー] に移動して、[ユーザー] を選択します。

  2. 右側に開くパネルで [サービス] セクションで、[ミーティング] を選択します。

  3. [Webex Meetings サイト] の下で、[Pro 3 Free-End to End Encryption_VOIPonly][Webex Meetings Pro-End to End Encryption_VOIPonly]、または [Webex Support SC-End to End Encryption_VOIPonly] チェックボックスがオンになっていることを確認してから、[保存] を選択します。


 

複数のユーザーに対してこれらのセッション タイプを有効にする方法については、「Cisco Webex Control Hub での Cisco Webex Meetings CSV ファイルのインポートとエクスポート」 を参照してください。

7

これらのセッション タイプを必須にするには、他のすべてのセッション タイプのチェックボックスをオフにしてください。

ユーザーがミーティングをスケジュールすると、有効にしたセッションタイプのみが利用できるようになります。

8

[更新] を選択します。

ユーザーに対してエンドツーエンドの暗号化セッション タイプを有効にしたので、ミーティングで音声を有効にするには、Webex サイトにサインインして、[基本設定] > [音声とビデオ] に移動し、[保存] をクリックする必要があることを伝えます。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [セッション タイプ] の順に選択します。

2

Pro-End to End Encryption_VOIPonly および SC-End to End Encryption_VOIPonly セッション タイプを探し、[新規ユーザーのデフォルト] チェックボックスをオンにして、[更新] を選択します。


 

SC-End to End Encryption_VOIPonly セッション タイプは、Enterprise プランでのみ利用可能です。

3

オプションで、エンドツーエンドの暗号化を機能として保持し、エンドツーエンド暗号化で動作する機能を選択する限り、これらのセッション タイプをカスタマイズして、さらに多くの機能を追加することができます。

4

これらのセッション タイプが特定のユーザーに対して有効になっていることを確認するには:

  1. [ユーザー管理] > [ユーザーの編集] に移動し、ユーザーの名前をクリックします。

  2. [権限] の下で、[Webex Meetings Pro-End to End Encryption_VOIPonly] および [Webex Support SC-End to End Encryption_VOIPonly] チェックボックスがオンになっていることを確認してから、[更新] を選択します。


 

複数のユーザーに対してこれらのセッション タイプを有効にする方法は、 「Webex サイト管理で Webex ユーザーのバッチインポートとエクスポート」を参照してください。

5

これらのセッション タイプを必須にするには、他のすべてのセッション タイプのチェックボックスをオフにしてください。

ユーザーがミーティングをスケジュールするときに、Encryption_VOIPonly セッション タイプは[ミーティング タイプ]で選択できる唯一のセッション タイプになります。 サポート セッションには、SC-End to End Encryption_VOIPonly セッション タイプが選択できる唯一のセッション タイプのみになります。

6

[更新] を選択します。