基本的な通話コントロール

Webex エキスパート オン デマンドには、通話中に使用できる基本的なオンスクリーン コントロールがあります。

ズームを変更したり、電灯を使用、Wi-Fi のステータスを表示、一時停止、通話を終了したり、写真を撮るなどの操作が可能です。また、コントロール オプションメニューを開いて露出と音量レベルを変更することもできます。

  • ズーム: 通話中に「ズーム レベル 1」と言います。

    ズーム レベルは 1 ~ 5 です。

  • 通話中に「その他のコントロール」と言ってコントロール オプション メニューを開きます。

    次のいずれかを選択します。

    • 音量: 「音量レベル 1」 と言います。

      音量レベルは 1 ~ 5 です。

    • 露出: 「露出レベル 1」と言います。

      露出レベルは 1 ~ 5 です。

    • 選択が完了したら、「コントロールを非表示にする」と言ってメニューを閉じます。

  • フラッシュライト: 通話中に「フラッシュオン」と言います。

    フラッシュオフと言い、フラッシュライトをオフにします。

  • ネットワーク ステータス: 通話中にメディア接続不良 の通知が表示される場合。

    これは、Wi-Fi 信号が 2 本以下のバーに減った状態を示しています。

  • 通話の一時停止: 通話中に 「通話を一時停止する」と言います。

    通話の音声とビデオは停止しましたが、その通話はアクティブな状態のままです。

  • 写真を撮る: 通話中に「写真を撮る」と言います。

    写真は RealWear HMT で撮影され、アクティブ コールの Webex スペースに自動的に追加され 、HMT の [マイフォト] フォルダに保存されます。

  • 通話の終了: 通話中に「通話を終了する」と言って通話を終了します。

    RealWear HMT がスペースから離れます。

画面の共有

1 

ビデオ通話で、「画面を共有する」と言います。

2

「今すぐ開始する」と言い、HMT 画面の共有を開始します。

プロンプトを再度表示しない場合は、[もう一度表示しない] と言いチェックボックスをオンにします。

3 

画面共有を終了する時は、「共有を停止する」と言います。

写真の表示

写真は RealWear HMT の [マイフォト] フォルダに保存されます。これには、RealWear HMT で撮影した写真とスクリーンショットが含まれます。

1 

「ホームに移動する」と言い、「マイファイル」と言います。

2

「マイフォト」と言い、写真を選択するには「アイテムと対応する写真番号を選択する」 と言います。

写真に注釈を付ける

1 

通話中に「写真を撮る」と言い 、「注釈」と言って注釈を開始します。

2

注釈表示画面を表示するには「注釈を追加する」と言います。

  • 「上/下/ 左/右に移動する」と言い、カーソルを移動します。

  • 「上/下/左/右に動かす」と言い、カーソル位置を調整します。

  • カーソルの色または形状を変更する場合は、「その他のオプション」 と言い選択します。

3 

完了したら、「注釈を保存」と言い 、次に「写真を保存する」と言います。

写真は RealWear HMT の [マイフォト] フォルダに保存されます。これには、RealWear HMT で撮影した写真とスクリーンショットが含まれます。

4

通話中に注釈が付いた写真をエキスパートに送信する場合は、「戻る」と 2 回言って「写真を送信する」と言います。

注釈が付された写真が正常に送信されると、通知が表示されます。

スクリーンショットを撮る

はじめる前に

リモートのエキスパートが自分の画面を HMT と共有している場合、スクリーンショットを撮ることができます。

画面が共有されている場合は、「スクリーンショットを撮る」 と言います。

画面キャプチャは [マイフォト] に保存されます。