サポートされるバージョン


Expressway X 12.6 は Hybrid Call Service と互換性がありません。 以前サポートされているバージョンを使用する必要があります。

ハイブリッドサービスの Expressway C コネクタホストは、最新の状態に保つ必要があります。 Software.cisco.com から最新の Expressway ソフトウェアを無料でダウンロードすることが できます。

Expressway は、コネクタソフトウェアのダウンロード、実行、インストール、およびアップグレードがクラウドから自動的に行われるプラットフォームです。 テクニカル サポートの前提条件として、最新の安定したコネクタ リリースにアップグレードすることもできます。 コネクタアップグレードの管理については、アップグレードのスケジュールとリリースノートに関連する記事を参照してください。

表 1. Expressway コネクタ主催者登録のサポート

Expressway コネクタのホストタイプ

バージョンサポート

新規および未登録

新しい Expressway コネクタホストについては、最低でも x 12.5 を使用してクラウドに登録する必要があり ます。 ハイブリッドサービスに対応していないバージョンを登録しようとすると、Cisco Webex Control Hub にエラーメッセージが表示されます。

(ハイブリッド通話サービスには例外があります。 最初のメモを参照してください。)

既存および登録済み

すでにクラウドに登録されている既存の Expressway コネクタホストについては、新しいバージョンがリリースされた後で、できるだけ早く x8.11 Sway をアップグレードすることをお勧めしますが、バージョン X の初期段階では、サポートされているリリースの上に構築したマイナーまたはメンテナンスのリリースをサポートします。

(ハイブリッド通話サービスには例外があります。 最初のメモを参照してください。)

アップグレードのリマインダー

ハイブリッドサービスでサポートされていない可能性のあるユーザーには、最新バージョンへのアップグレードを促すための高度な通知が Expressway インターフェイスに記載されています。 ハイブリッド展開が実行している Expressway バージョンは、表示されるリマインダーを決定します。次の表では両方のケースについて説明しています。

表 2. Expressway コネクタの主催者アップグレードリマインダー

Expressway コネクタのホストバージョン

バージョンサポート

サポート-最新のリリースの1つ

1 個前にリリースされた Expressways について、Expressway で最新バージョンにアップグレードするように勧める前もって通知を受信します。 コネクタソフトウェアはまだ自動的にダウンロード、インストール、および起動しますが、展開はまだサポートされていますが、 できるだけ早く最新版にアップグレードすることをお勧めします。

サポートされていません。2つのリリースのバックグラウンド

ハイブリッドサービスのバージョンがサポートされていないという警告を受け取ります。 コネクタソフトウェアはまだ自動的にダウンロード、インストール、および実行 されます。しかし、お使いの展開はサポート なしであり、最新版へのアップグレードが完了するまでは機能しない可能性があります。