Cisco Webex Meetings デスクトップアプリ

始める前に

プレミーティング アプリは必須であり、デスクトップ アプリ パッケージの一部として自動的にインストールされます。 そのため、管理者が大規模なプレミーティング デスクトップ アプリを展開していない場合、自動的にインストールされます。

1

Cisco Webex ミーティング デスクトップ アプリを開きます。

2

[更新] をクリックして、デスクトップ アプリの最新バージョンを取得します。

3

更新を手動で確認するには、[歯車] アイコンを選択し、[更新の確認] をクリックします。

Cisco Webex Productivity Tools

生産性向上ツールのバージョンを WBS39.10 に保つため、Webex サイト管理または Webex Control Hub では、サイト管理者は [新しいバージョンが利用可能になったら、Webex 生産性向上ツールを自動的にアップグレードする] はオフのままにしておいてください。 その後、IT 管理者は、最新バージョンの生産性向上ツールを定期的に展開する必要があります。

1

サイトで自動的に最新バージョンに更新するように設定されている場合、[ミーティングのスケジュール] では赤い点が表示されます。 Microsoft Outlook を再起動すると、生産性向上ツールが自動的に更新されます。

2

手動で更新を確認するには、Microsoft Outlook の [ホーム] リボンから Webex の [ミーティングのスケジュール] > [詳細] > [アップデートの確認] をクリックします。


 

利用可能な更新がある場合は、[ミーティングのスケジュール] に赤い点が表示されます。

3

[更新の確認...] をクリックします。 [更新] をクリックするか、最新バージョンに自動的に更新されることを待機します。

1

サイトが自動的に最新バージョンに更新するよう設定されている場合、Microsoft Outlook を再起動するユーザーは、自動的に生産性向上ツールを更新します。

2

Microsoft Outlook の [ホーム] リボンから [Cisco Webex] に移動し、[詳細] > [アップデートの確認]をクリックします。