ユーザーが Webex 主催者アカウントにサインアップすることを許可する

この操作によりサイト上でアカウントのサインアップフォームを表示すると、ユーザーは出席主催者アカウントをリクエストすることができるようになります。


Webex サイトでシングルサインオン (SSO) が有効な場合、この機能は利用できません。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[アカウント管理設定] セクションで、[主催者アカウントのサインアップを許可] チェックボックスにチェックを入れます。

3

すべてのリクエストを自動的に承諾させたい場合、[すべての主催者アカウントのリクエストを自動的に承諾する] を選択します。

4

リクエストを承諾のキューに送るには、[サイト管理は主催者アカウントリクエストを手動で承認する] を選択します。

5

[アカウント サインアップ時の必要項目] で、アカウントのサインアップフォームでユーザーが提供する必要がある情報のタイプを選択します。

6

[更新] を選択します。

ユーザーが Webex 出席者アカウントにサインアップすることを許可する

この操作によりサイト上でアカウントのサインアップフォームを表示します。これによりユーザーは出席者アカウントをリクエストすることができます。


Webex サイトでシングルサインオン (SSO) が有効な場合、この機能は利用できません。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[アカウント管理設定] セクションで、[出席者アカウントのサインアップを許可] チェックボックスにチェックを入れます。

3

すべてのリクエストを自動的に承諾させたい場合、[すべての主催者アカウントのリクエストを自動的に承諾する] を選択します。

4

リクエストを承諾のキューに送るには、[サイト管理は主催者アカウントリクエストを手動で承認する] を選択します。

5

[アカウント サインアップ時の必要項目] で、アカウントのサインアップフォームでユーザーが提供する必要がある情報のタイプを選択します。

6

[更新] を選択します。

ユーザーによる内部参加者の識別を許可する

サイトで有効になると、オプションをオンにすることで、内部ミーティング参加者が識別され、タグ付けが行われます。 内部参加者は組織内部の参加者のことを指します。 シングルサインオン (SSO) による認証参加者は、内部参加者として認識されます。

有効な場合、参加者パネル中の各参加者の名前のとなり、ミーティングおよびレポート内で名前が表示される箇所に(内部)の表示が追加されます。

この機能は SSO が有効担っている組織のみで利用できます。

1

Webex サイト管理にサインインし、[設定] > [Webex Meetings] の順に選択します。

2

[サイトオプション] セクションで、[参加者リストで内部ユーザータグを表示する] チェックボックスにチェックを入れます。

3

[更新] を選択します。

ユーザーによるセッション情報のカレンダーへの追加を許可する

この手順は、Webex Meetings、Webex Traning、Webex Events にのみ適用されます。 この操作を行うことでサイトで iCalendar 機能を有効にすると、Webex セッション情報ページに [自分のカレンダーに追加] ボタンが表示されます。iCalendar は標準的なカレンダー形式です。 iCalendar を使えばユーザーはカレンダー情報を使ってスケジュールを自動更新することができます。

1

左側ナビゲーションバーで、[構成 > 共通のサイト設定 > オプション] の順に選択します。

2

[サイト オプション] セクションで [iCalendar (マイ カレンダーへ Meetings、Training、および Event の追加を表示)] チェックボックスを選択します。

3

[更新] を選択します。

ユーザーによる代理主催者または共同主催者の選択を許可する

この手順は、Webex Meetings および Webex Events にのみ適用されます。 主催者が別の人を「代理主催者」に指定することを許可できます。 主催者がミーティングをスケジュールしたものの参加時刻に参加できないため、代理主催者にミーティングを開始および進行してもらう場合にこの機能を使用します。 代理主催者も Webex 主催者アカウントを持っている必要があります。

WBS40.9 以降のサイトでは、主催者が cohosts を指定して、ミーティングを支援することを許可することができます。 共同主催者の役割が代理主催者の役割に置き換えられます。 詳細は、 「共同主催者」を参照してください。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[ミーティングのスケジュール オプション] セクションで、[ミーティングのスケジュール時に代理主催者を選択することができる] をオンにします。

また、[このサイトのアカウントを持っているすべてのユーザー、またはこの組織内で認証済みの Cisco ビデオ会議端末から参加しているユーザーがスケジュール済みおよびパーソナル会議室のミーティングを開催することを許可する] をオンにすることができます。

3

[更新] を選択します。

ユーザーが別のユーザーのためにミーティングおよびトレーニング セッションをスケジュールすることを許可する

この手順は、Webex Meetings および Webex Training にのみ適用されます。

始める前に

ミーティングをスケジュールするユーザーには Webex 主催者アカウントが必要です。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[ミーティングのスケジュールオプション] セクションで、[自分の代理として他のユーザーがミーティングをスケジュールすることができる] を選択します。

3

[更新] を選択します。

ユーザーによる共有ファイルの印刷および保存を許可する

この手順は、Webex Meetings、Webex Events、Webex Training にのみ適用されます。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[サイトオプション] セクションで [ ドキュメント共有の印刷/保存を許可する] チェックボックスにチェックを入れます。

3

[更新] を選択します。

このオプションのチェックを解除すると、共有中に出席者が印刷およびダウンロードすることができなくなります。