通話中にデスク またはルーム シリーズ デバイスから他の人に見える情報が自分のビューに表示されます。 これを使用すると, 他の参加者に見せるべき適切な画面が見えていることを確認できます。

必要に応じて、ミーティング中にセルフビューを時々アクティブにすることができます。 そうすれば、自分が画面に引き続き映っていることを確認できます。

セルフビューの現在位置によっては, 画面の重要な部分が隠れてしまう場合があります。 その場合は、セルフビューを画面上の別の場所に移動することができます。 これはタッチ画面またはリモート コントロールから、デスク または Room デバイスに応じて行われます。

1

セルフ表示 アイコンをタップします。 これで、画面上にセルフビューが表示されるようになりました。

2

一部のデスク デバイスでは、画面で自分が見える場所を変更できます。 [セルフビュー] アイコンを押し、ドラッグアンドドロップして場所を変更します。 定義された 6 つの場所から選択できます。

3

セルフビューを閉じるには、[セルフビュー(Selfview)] アイコンをもう一度タップします。

1

[カメラ(Camera)] アイコンをタップし、[セルフビュー(Selfview)] を選択します。 これで、画面上にセルフビューが表示されるようになりました。



2

カメラの位置をパン、チルト、ズームにして目的のカメラ表示にするには、[カメラと設定] を使用します。

PiP イメージとフルスクリーンイメージを切り替えるには、[最大化および最小化(Maximize and Minimize)] アイコンをタップします。

3

通話中に、画面のセルフビューの場所を変えることができます。


タッチ 10 の [コール (call)] メニューで、[セルフビュー] アイコンを押したままドラッグアンドドロップして場所を変更します。 定義された 6 つの場所から選択できます。

4

セルフビューを閉じるには、[カメラ(Camera)] アイコンをタップし、[セルフビュー(Selfview)] の選択を解除します。

1

ホーム画面の右上隅にあるカメラ アイコンに移動し、リモート コントロールの OK ボタンで選択します。


2

セルフビューをオンにするには、[セルフビューのピン留め(Pin Selfview)] アイコンを選択します。 PiP と 全画面の セルフビューを切り替えるには、[最小化/最大化] アイコンを選択します。


[カメラ操作(Camera Control)] メニューでカメラ アイコンを選択すると, ズーム コントロールおよびパン/チルトのホイールにアクセスできます。 これらを使用してカメラ位置を調整します。



3

セルフビューを閉じるには、カメラのコントロールメニューに移動し、[セルフビューのピン留め(Pin Selfview)の選択を解除します。

いつでも自分の画面を確認するには、画面の右側からスワイプします。 カメラが開いている/オンの場合は、右側のパネルに自分の見えます。 カメラ設定をタップ してから 全画面を 開き、 画面を完全に表示できます。 全画面を終了するには、もう一度右からスワイプし、[カメラ設定( Camera Settings] をタップし、[ 全画面を閉じる] をタップします

右側のパネルを閉じるには、画面上の他の場所をタップします。

通話中に画面を表示する場所を開いて変更するには:

  1. 画面をタップすると、画面下部のコントロール ボタンが表示されます。 自画面 をタップします。 自分の表示が通話の上部に開きます。

  2. [常にオンに表示(Always show ON) を切りえる。 自画面を押してドラッグ&ドロップして場所を変更します。 ドラッグすると、定義済みの場所にスナップします。

  3. もう一度セルフビューを非表示にする場合は、[自画面(セルフビュー) ] ボタン タップし、[常にオフに表示(Always show OFF) を切り替 えます。 右からスワイプすると、右側のパネルに表示されます。