セルフビューは通話中に Desk または Room シリーズのデバイスから他のユーザーが見たものも表示します。 このアプリケーションを使用して、あなたが見たく内容を他のユーザーが見て確認できます。

ミーティング中に、セルフビューを有効にしたい場合があります。 この方法で、画面に表示されたままにできます。

現在のセルフビューの位置は、画面の画像の重要な部分をブロックしている可能性があります。 そのため、それを画面の別の場所に移動することができます。 これは、タッチ 画面から、またはデスクまたはリモート コントロールされたデバイスによって異なって行われます。

1

[セルフビュー] アイコンをタップします。 画面に自分の画面が表示されます。

2

一部の Desk デバイスで、自分のビューの場所を変更できます。 セルフビュー アイコンを押し、ドラッグ アンド ドロップして場所を変更します。 6 つの事前設定されたロケーションから選択できます。

3

セルフビューを閉じるには、[セルフビュー] アイコン を再度 タップします。

1

[カメラ] アイコン タップし、[セルフビュー] を選択します。 画面に自分の画面が表示されます。



2

カメラの設定を使用して、カメラの倍率をパン、チルト、ズームすると、カメラ ビューが表示されます。

[最大化] および [最小化] アイコンをタップして、PiP 画像とフルスクリーン画像の間で切り替わります。

3

通話中に、画面のセルフビューの場所を変更できます。


Touch 10 の通話メニューで、セルフビュー アイコンを押し、ドラッグアンドドロップして場所を変更します。 6 つの事前設定されたロケーションから選択できます。

4

セルフビューを閉じるには、[カメラ] アイコンをタップして [ セルフビュー] の選択 を解除します

1

ホーム画面の右上隅にあるカメラのアイコンまで移動し、ホーム 画面の [OKリモート コントロール使って選択します。


2

[セルフ ビューを固定] アイコンを選択してセルフビューをオンにしてください。 [最小化 /最大化] アイコンを 選択して、PiP と全画面切り替えます。


[カメラ コントロール] メニューにあるカメラのアイコンを選択して、ズーム コントロールとパン / チルト ホイールにアクセスします。 カメラの位置を調整するにはこれらのオプションを使用します。



3

セルフビューを閉じるには、[カメラ コントロール] メニューに進み、[セルフビューをピン留めする] の選択を解除します

セルフビューをチェックするには、画面右側からスワイプします。 カメラが開いているかオンである限り、右サイド パネルにセルフビューが表示されます。 [カメラの設定 ] をタップ し、次に [ フルスクリーンで開 く] をタップしてセルフビューを完全に表示します。 ビデオを終了全画面、右からスワイプして、[カメラの設定] をタップし、[フルスクリーンを閉じる] をタップします

右側のパネルを閉じるには、画面の別の場所をタップします。

通話中にセルフビューの位置を開き、変更するには:

  1. 画面をタップすると、画面下部にコントロール ボタンが表示されます。 [セルフビュー] をタップします。 セルフビューが通話の上部に表示されます。

  2. [常に 表示] を切り替 える。 セルフビューを押し、ドラッグアンドドロップして場所を変更します。 ドラッグすると、あらかじめ定義された場所にスナップします。

  3. セルフビューを再び非表示にするには、[セルフビュー] ボタンを タップ して [常にオフを表示 ] を切り替 えます。 右からスワイプすると常に、右側パネルに表示されます。