Slack ワークスペースの所有者と管理者

Webex サイト管理者は、Slack のインテグレーションを有効にする必要があります。また、Slack 版 Cisco Webex Meetings アプリをインストールする必要があります。これにより、ワークスペースのメンバーが Webex Meetings アプリを Slack で使用できるようになります。

アプリの最新版をお持ちでない場合は、最新の機能を使用できるようにするために、Slack ワークスペースの所有者または管理者はこれらと同じインストール手順を使用してアプリをアップグレードする必要があります。


アプリのバージョンを確認するには、 /webexhelp version コマンドを使用します。

[インストール] をクリックして、手順に従います。

チーム所有者および管理者は、チームの Slack 通話設定をカスタマイズすることができます。これをすることで、インスタントミーティングの開始時にいつでも Webex パーソナル会議室を使用することができます。

1

チーム設定ページに移動します。

2

[通話] の隣の [開く] をクリックします。

3

[Slack で通話を有効にする] がオンになっていることを確認します。

[Slack で通話を有効にする] チェックボックスをオンにする
4

[Cisco Webex Meetings] をクリックします。

5

[保存] をクリックします。

ワークスペースの Webex サイトを設定およびリセットできるのは、Slack ワークスペースの管理者とオーナーだけです。

Slack メール アドレスが Webex メールアドレスと異なる場合は、 /webexconfig set_Personal_Room [Personal Room ID] コマンドを使用してパーソナル会議室を手動で設定する必要があります。

例: /webexconfig set_Personal_Room acassidy

1

チームがミーティングに対して使用する Webex サイトはすでに設定されている場合があります。 サイトがすでに設定されているかどうかを確認するには、Slack チャンネルで、/webexconfig と入力してください。

2

Webex サイトが設定されていないか、異なる Webex サイトを設定する場合は、/webexconfig site [your Webex site URL] と入力して、チームに対して Cisco Webex サイト URL を設定します。

これだけです。 チームメンバーはメッセージに /webex と入力して Webex パーソナル会議室のミーティングをチャンネル内の他のユーザーと共有するための [ミーティングに参加] ボタンを共有することができます。 Webex 管理者がユーザーの Webex アカウントを Slack アカウントにリンクしている場合、チームメンバーは Webex ミーティングをスケジュールすることができます。

[ミーティングに参加] ボタン

Webex サイト管理

Webex サイト管理者がユーザーの Webex アカウントを Slack アカウントにリンクすると、Slack アカウントを持つユーザーは、今後の Webex ミーティングを Slack でスケジュールしたり表示したりすることができます。 また、ユーザーは Webex のユーザー名とパスワードを入力しなくても、Slack から Webex ミーティングに参加することができます。


Webex と Slack アカウントのメール アドレスが一致する必要があります。

1

以下のいずれかの作業を行ってください。

  • Cisco Webex Control Hub で Webex サイトを管理する場合、https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に進みます。 [ミーティング] の下で、[サイト] を選択し、[サイトの構成] を選択します。 [共通設定] の下で、[サイト オプション] をクリックします。
  • Cisco Webex サイト管理で Webex サイトを管理する場合、Webex サイト管理にサインインし、[設定] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。
2

[サードパーティのインテグレーション] の下で、[Slack のインテグレーションを有効にする] をオンにします。

3

[更新] を選択します。

ユーザー


この機能には Cisco Webex Meetings アプリのバージョン 1.0.1.0 以降が必要です。 /webexhelp version コマンドを使用して、アプリ バージョンを確認できます。 アプリのバージョンが十分でない場合は、Slack ワークスペースの管理者に連絡して、Slack の Cisco Webex Meetings アプリをアンインストールして再インストールしてください。

以下の言語をサポートしています。 英語 (英国)、英語 (米国)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、スペイン語 (ラテン アメリカ)、スペイン語 (スペイン)。

Slack アプリでいくつかの言語の 1 つに希望言語を変更できます。希望言語がワークスペースのデフォルトの言語と異なる場合、メッセージは選択した言語でのみ表示されますが、ワークスペース全体のメッセージはワークスペースのデフォルト言語で表示されます。

別のメンバーの希望の言語がワークスペースのデフォルトの言語またはあなたの希望の言語と異なる場合、メッセージはそのメンバーにのみ、そのメンバーの希望言語で表示されます。

セットアップのための Cisco Webex Meetings アプリのコマンド

これらのコマンドを使用して、Cisco Webex Meetings アプリをセットアップして、チームの Webex サイト URL を使用します。

コマンド 説明

/webexconfig

チームの現在の Webex サイト URL のみならず、優先 Webex サイトの URLとパーソナル会議室 IDが設定されている場合は、それらも表示されます。

/webexconfig site[team Webex site URL]

例: /webexconfig site teamsite.webex.com

チームの Webex サイト URL を設定します。 ミーティングリンクを共有するとき、優先するサイトが設定されていない場合は、チームの Webex サイト URL が使われます。 この操作を行えるのは、Slack ワークスペースの管理者とオーナーだけです。

/webexconfig site reset

チームの Webex サイト URL を削除します。 この操作を行えるのは、Slack ワークスペースの管理者とオーナーだけです。

/webexconfig set_Personal_Room [Personal_Room_ID]

例: /webexconfig set_Personal_Room acassidy

パーソナル会議室 URL を設定します。 お使いの Webex アカウントのメールアドレスが、Slack アカウントのメールアドレスと異なる場合、および Slack ID が Webex サイトのパーソナル会議室 ID と一致しない場合は、このコマンドが必要です。

/webexconfig reset_Personal_Room

パーソナル会議室 URL を削除します。

/webexconfig set_preferred_site[preferred Webex site URL]

例: /webexconfig set_preferred_site preferredsite.webex.com

優先する Webex サイトを設定します。 組織が複数の Webex サイトを持ち、チームに設定されている Webex サイトとは異なる Webex サイトを使用する場合、このコマンドを使用することができます。 ミーティング リンクを共有するか、ミーティングをスケジュールすると、チームの Webex サイト URL の代わりに、希望の Webex サイト URL が使用されます。

/webexconfig reset_preferred_site

優先 Webex サイト URL を削除します。 ミーティングのリンクを共有したり、ミーティングをスケジュールしたりするときに、チームの Webex サイト URL が使用されます。