以下の設定例に示すように、ブリーフィングルームには3つのスクリーンと2つのカメラが装備されています。

ブリーフィングルームは、ローカルプレゼンタリモートプレゼンタ、およびディスカッションモードの3つのルームモードに合わせて調整されています。 モードをオンザフライで変更するのは簡単なので、提供しているトレーニングのタイプに適しています。

  • ローカルプレゼンター(プレゼンターは会議室にいます)。

  • リモートプレゼンター(プレゼンターが電話をかけています)。

  • ディスカッション(会議室にいるローカルのプレゼンタと異なるサイト間のディスカッション用)。

会議中にルーム モードを変更する

管理者は、ローカルプレゼンターモードとリモートプレゼンターモードを自動的に切り替えるように部屋を設定している場合としていない場合があります。 自動切り替えが有効になっていない場合は、Touch コントローラを使用してルーム モードを切り替えます。

自動切り替えでは、以下が実行されます。

  • ローカルプレゼンターモードは、プレゼンターがローカルステージで検出されたときに使用されます。

  • リモートプレゼンターモードは、プレゼンターがローカルステージで検出されない場合に使用されます。

議論モードを使用 するには、常に Touch コントローラで手動で選択する必要があります。

Touch コントローラを使用して異なるルーム モードを切り替える

1

Touch コントローラの [ブリーフィング ルーム( Briefing Room ] ボタンをタップします。

2

メニューが表示されます。メニューで、変更するモード(ローカル プレゼンター、リモート プレゼンター、または議論)をタップできます。 現在のモードは強調表示されています。