クラスルームには、2つのカメラと1つ以上の画面が装備されています。 画面の最大数は、お持ちのビデオ会議端末のタイプにより異なります。

教室は次の 3 つの会議室モードに合わせて調整されます。 ローカル プレゼンターリモート プレゼンターディスカッション モード。 モードをすぐに変更することができます。これにより、提供するトレーニングのタイプに合わせることができます。

  • ローカル プレゼンター: プレゼンターが会議室にいます。

  • リモート プレゼンター: プレゼンターがコールインしています。

  • ディスカッション: 会議室でのローカル プレゼンターとの異なるサイト間のディスカッション。

クラスルームとブリーフィング会議室のセットアップ

クラスルームのセットアップは、ブリーフィング会議室のセットアップよりも画面の数やレイアウトが画面上でどのように分配されるかという点で、より柔軟性があります。 また、より多くの製品が クラスルーム をサポートしています。

クラスルーム

  • サポートされている製品: Codec Plus、Codec Pro, SX80、Room 55 Dual、Room 70、Room 70 G2、MX700、MX800、MX800 Dual

  • 会議室デバイスでサポートされている任意の数の画面を使用できます。通常は2つまたは3つです。 デフォルトの動作が要件を満たさない場合は、ビデオモニタ設定を使用して画面上のレイアウトの分布を設定します。

ブリーフィング ルーム

  • サポートされている製品: Codec Pro、SX80、Room 70 G2、MX700、MX800、MX800 Dual

  • セットアップには 3 つの画面が必要であり、画面上のレイアウトは事前に構成(および固定)されており、特定のシナリオに適合するように構成されています。

会議中に会議室モードを変更する

管理者は、 ローカル プレゼンター モードとリモート プレゼンター モードを自動的に切り替えるために会議室を設定していない場合があります。 自動切り替えが有効になっていない場合は、Touch 10 コントローラを使用して、会議室モードを変更する必要があります。

自動切り替えは次のことを意味します。

  • ローカル プレゼンター モードは、プレゼンターがローカル ステージで検出された場合に使用されます。

  • リモート プレゼンター モードは、プレゼンターがローカル ステージで検出されなかった場合に使用されます。

ディスカッション モードを使用したい場合は、 常に Touch 10 コントローラーを使用して手動で選択する必要があります。

Touch 10コントローラを使用して異なる会議室モードを切り替える

  1. Touch 10 コントローラーで クラスルーム をタップします。
  2. 変更するモードをタップします: ローカル プレゼンターリモート プレゼンターディスカッション 。 現在のモードはハイライトされています。
1

Touch 10 コントローラーで クラスルーム をタップします。

2

変更するモードをタップします: ローカル プレゼンターリモート プレゼンターディスカッション 。 現在のモードはハイライトされています。

Touch 10 ユーザーイ ンターフェイスから会議室モードを選択する