Webex Meetings デスクトップ アプリは、macOS Catalina (バージョン 10.15) で実行するために、Apple によって公証されています。

ロックダウンのサポート

デスクトップ アプリのロックダウン バージョンの顧客は、WBS39.5.13 以降を実行する必要があります。

以前のバージョンでは、ミーティングのスケジュール、開始、および参加を行うために、Webex Meetings の Web スケジューラと Web アプリの使用が制限されている場合があります。 一般的に、このパッチがリリースされるまでは、macOS Catalina にアップグレードしないことを推奨します。

セキュリティとプライバシーの権限の更新

macOS Catalina のサポートにより、ユーザーは Webex Meetings のすべての機能に完全にアクセスするために、新しいセキュリティおよびプライバシー権限が必要になります。

以下の機能に初めてアクセスすると、デスクトップ アプリから Webex Meetings に次の権限が与えるようにプロンプトが表示されます:

マイクにアクセスする

ミーティング中にマイクを使用するには、 このプロンプトが表示されたら [OK] をクリックします。

[許可しない] をクリックした場合でも、デバイスの [システム基本設定] > [セキュリティとプライバシー] で許可を付与します。 [プライバシー] タブに移動し、[マイク] セクションで Cisco Webex ミーティング を有効にします。


ミーティング中に権限を付与する場合は、デスクトップ アプリを再起動して変更を有効にします。

カメラにアクセスする

ミーティング中にカメラを使用するには、このプロンプトが表示されたら [OK] をクリックします。

[許可しない] をクリックした場合でも、デバイスの [システム基本設定] > [セキュリティとプライバシー] で許可を付与します。 [プライバシー] タブに移動し、[カメラ] セクションで Cisco Webex ミーティング を有効にします。


ミーティング中に権限を付与する場合は、デスクトップ アプリを再起動して変更を有効にします。

画面録画にアクセス

ミーティング中に画面録画と共有を使用するには、このプロンプトが表示されたら [OK] をクリックします。

デスクトップ アプリで [許可しない] をクリックした場合でも、デバイスの [システム基本設定] > [セキュリティとプライバシー] で引き続き許可を付与できます。 [プライバシー] タブに移動し、[画面録画] セクションで [Cisco Webex ミーティング] を有効にします。

Web アプリで [許可しない] をクリックした場合、使用している ウェブ ブラウザーの権限を有効にします。


ミーティング中に権限を付与する場合は、デスクトップ アプリを再起動して変更を有効にします。

サードパーティのアプリから共有する

ミーティング中にサードパーティ アプリからコンテンツを共有を使用するには、このプロンプトが表示されたら [OK] をクリックします。

[許可しない] をクリックした場合でも、デバイスの [システム基本設定] > [セキュリティとプライバシー] で許可を付与します。 [プライバシー] タブに移動し、[自動] セクションに Cisco Webex ミーティング でアプリを有効にします。


変更を有効にするために、デスクトップ アプリを再起動する必要はありません。

解決済み権限の要求

WBS39.10.3 の更新の時点で、ユーザーはミーティング中にキーボード入力の監視を使用するために、Webex Meetings への権限を付与する必要がなくなりました。 さらに、Apple は Webex Meetings のデスクトップ アプリで悪質なソフトウェアを確認できるようになりました。