コマンドは、スタンバイ モードに切り替え、新しいユーザー パスフレーズを設定するなどのアクションを実行するようにデバイスに指示します。

適用可能なコマンドの一覧は、インストールされているソフトウェアのデバイス タイプとバージョンによって異なります。 コントロール ハブ経由でデバイスで使用できる、パブリックでクラウド対応のすべてのコマンドを表示できます。

Control Hub は、アクセス権限、セキュリティ、またはプライバシーのための制限がないこれらのコマンドを実行するためのユーザー インターフェイスを提供します。

1

の顧客ビューから [デバイス https://admin.webex.com] に移動 し、 デバイスを選択します。

2

[アクション] ドロップダウンから 、[ xCommand を実行] を選択して、デバイスのコマンド ページを開きます。

このページで、興味を持っているコマンドを参照または検索できます。 以前実行したコマンドがここに表示されます。



3

実行するコマンドを選択します。

コマンドページが開き、すべての引数に対し値を入力するオプションがあります。 必須オプションはアスタリスクで表示されます。


 

アクセス権限、セキュリティ、プライバシーの制限がある場合、コマンドを利用不可としてマークすることができます。 パーソナルモード端末では、ユーザーのプライバシーを保護するために使用できないコマンドがいくつかあります(例、音声マイクのミュート解除)。


 

探しているコマンドが見当たらない場合、ソフトウェア バージョンまたは製品タイプのため、デバイスにはコマンドにアクセスできない可能性があります。 特定のデバイス タイプに使用可能なコマンドを確認するには、次を roomos.cisco.com。 インストールされたソフトウェアバージョン、製品タイプ、コマンド、 Cloud バックエンドを選択 します



引数のタイプには以下が含まれます。

  • 整数 – 矢印を入力して値を入力します。 承認された範囲が示されます。

  • 文字列 – 文字列を入力します。

  • 一次数 – 一覧からドロップダウン リスト。

  • 文字列または整数の入力 – 値をコンマで区切って入力します。 コンマまたは Enter を押すと、値がフィールドに追加されます。

  • 一部の情報の管理 – 希望のチェックボックスを選択します。

  • マルチライン – 複数行の本文を [本文] フィールド 入力します。

4

すべての必要な引数が定義されている場合、[実行] ボタン が有効になります。 クリックしてコマンドを実行します。

コマンドの実行が終了すると、実行状況を示すインジケータが表示されます。 これには、コマンド (適用可能な場合) からの JSON 応答が含されます。