Webex は ADA セクション 508 に準拠していますか。

米国障がい者法 (ADA) 508 に準拠することにより、アクセシビリティの問題に対する認識を喚起するとともに、以下のツールを開発し無料で提供しています。

Webex は ADA セクション 508 に準拠していますか。

Webex は 508 に準拠していますか。

聴覚障がい者や視覚障がい者向けの Webex のアクセシビリティ機能について知るにはどうすればよいですか。

Webex は ADA アクセシビリティ要件をサポートしていますか。



解決方法:

米国障がい者法 (ADA) 508 に準拠することにより、アクセシビリティの問題に対する認識を喚起するとともに、以下のツールを開発し無料で提供しています。 http://www.508compliant.com/tools.htm

Webex は一部の例外を除き 508 に準拠しており、政府の規制を満たしています。顧客が視覚障がい者または聴覚障がい者向けサービスを利用するには、サードパーティと提携する必要があります。

VPAT(Voluntary Product Accessibility Template)は、製品がリハビリテーション法第508条に適合するために必要な要件のリストを含む文書です。 テンプレートフォーマットにより、ベンダーは、自社製品のセクション508 要求による要件への適合性を述べることができます。 アクセシビリティのドキュメントを参照してください。 http://www.cisco.com/web/about/responsibility/accessibility/legal_regulatory/vpats.html#Webex

詳細については、Webex テクニカルサポートまで電話でお問い合わせください。
 

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
arrow up