Cisco Webex Board でデバイスのオンプレミスの展開をサポートするには、コラボレーションエンドポイントソフトウェアバージョン 9.8.0 (CE 9.8.0) 以降をインストールする必要があります。最新バージョンは https://software.cisco.com/download/homeで確認できます。

ディスク プロビジョニング オプション

他のオンプレミスのデバイスの場合と同じプロビジョニングシステムを、Webex Boards と同じように使用することができます。Cisco Webex Boardをスタンドアロンの H. 323/SIP デバイスとして展開することもできます。登録されていない場合は、ローカルホワイトボードとして機能します。

  • CUCM (最小バージョン 10.5 またはそれ以降)

  • TMS (最小バージョン 15.9 またはそれ以降)

  • VCS (最小バージョン X 8.6 以降)


現在実行中のバージョンで Cisco Webex Board のサポートを提供する CUCM デバイスパックが必要な場合があります。TMS に登録する場合は、新しいバージョンが必要になる場合があります。

CE ソフトウェアの Webex Boards でサポートされている機能

Cisco Webex Board では、一部の例外を除き、CE 9.8.0 上の他のデバイスですでに使用可能な機能のほとんどがサポートされています。タッチ 10を Cisco Webex Board にペアリングする場合にのみ利用可能な機能がいくつかあります。

オンプレミスの登録済みの Webex Board には、Cisco Webex でのみ利用可能な機能の一部がありません。これには、Webex Teams クライアントとの接続と、ボード上の Webex Teams スペースのオープンが含まれます。

次のオンプレミス機能は、現在、Webex Boards ではサポートされていません。

  • ローカルレイアウトの選択

  • リモートプレゼンテーションの最小化

  • 通話中のプレゼンテーションのローカル プレビュー

  • カスタム壁紙

  • スリープ状態からのカスタムテキスト

CE 9.8 およびオンプレミスの登録済み Webex Boards の詳細については、CE9 ソフトウェアのリリースノートを参照してください

1

https://software.cisco.com/download/home移動して、Cisco Webex Board モデル用のサポートされているソフトウェアバージョンをダウンロードします。リリース CE 9.8.0 またはそれ以降が必要です。最新バージョンをお勧めします。

2

デバイスが Webex に登録されている場合、最初に Webex Boardを初期設定にリセットする必要があります。設定は、デバイスのローカル Web インターフェイスから行います。Webex Boards ボードのトラブルシューティングに関する記事を参照してください

ボードをリセットすると、[ようこそ] 画面が表示されます。

先のサービスにそのボードが登録されていない場合は、この手順をスキップできます。

3

Web ブラウザを開いてhttp(s)://<endpoint ip or hostname>と入力すると、Web インターフェースに直接アクセスできます。パスフレーズが設定されていない場合はユーザ名 admin とデフォルトの空のパスワードを使用してログインします。

4

メンテナンス > ソフトウェアアップグレードに移動して、以前にダウンロードしたサポート対象ソフトウェアパッケージをアップロードします。新しいソフトウェアバージョンにボードをアップグレードすると、ようこそ画面が再度表示されます。画面の指示に従って、オンプレミスの環境にデバイスを登録したり、既存の手順に従って、環境内の他のデバイスを登録したりすることができるようになります。

オンプレミスのボードの初回セットアップについて詳しくは、CE ソフトウェアの入門ガイドを参照してください