開発者キーを作成する

始める前に

Webex Education Connector をインストールする前に、まず Webex Education Connector 用に Webex サイトを設定する必要があります。

1

Canvas に管理者としてサイン インし、[管理者] タブ を選択し、アカウント名を選びます。


 

アカウントは、ツールが使用可能なコースを判別します。

2

[開発者キー] > [+ 開発者キー] > [+ API キー] を選択して、次の情報を入力します。

  • キー名Webex を入力します。

  • (オプション) 所有者メール—所有者のメール アドレスを入力します。

  • リダイレクト URI - 次の URI を別々の行に入力します。

    • https://lti.educonnector.io/lms_accesses/new

    • https://lti.educonnector.io/lms_accesses/callback

  • 範囲を強制する - 有効にしません。 範囲指定済みの開発者キーは現在サポートされていません。

3

[キーの保存] を選択し、新しい開発者キーの [詳細] セクションで生成された IDキーをメモします。これらは後で必要になります。

4

新しい開発者キーの [状態]セクションで、[オン] を選択します。

Webex Education Connector を設定する

1

ブラウザーでタブを開き、https://lti.educonnector.io/ に移動 して、以下の情報を入力します。

  • フルネーム—ファーストネーム(名)とラストネーム(姓)を入力します。

  • メール—あなたの管理者メール アドレスを入力します。

  • 機関—あなたの機関の名前を入力します。

  • Webex サイトWebex サイト名を入力。

    サイト名は Webex URL の情報を .webex.com の前に入力します。 サイト URL が https://myschool.webex.com/ の場合、myschool と入力します。

  • LMS ...—ドロップダウン リストから [Canvas] を選択します。

  • 無効の状態でインストール:

    • チェックが入っていない場合、Webex Education Connector をすべてのコースについて一度に、またはコースごとに有効にできます。

    • チェックが入っている場合、インストラクタと管理者はWebex Education Connector をコースについて有効にできます。

  • Canvas サイト ドメイン - Canvas サイトの URL を入力します。

    たとえば、Canvas サイトの URL が https://college.example.instructure.com, の場合は、college.example.instructure.com と入力します。

  • Canvas 開発者 ID - ID を「開発者キーを作成する」のステップ 3 を元に入力します。

  • Canvas 開発者キー - キーを「開発者キーを作成する」のステップ 3 を元に入力します。

  • Canvas サイトのタイムゾーン - サイトのタイムゾーンを設定します。

2

[次へ] を選択し、[コンシューマー キー][共有シークレット][LTI 登録 URL] をメモします。

Webex Education Connector をインストールして承認する

1

Canvas で [管理者] タブを選択し、アカウント名を選択します。

  • サイト全体でインストールする場合 - サイトを選択して、[設定] > [アプリ設定の表示] > [+ App] に移動します。

  • 単一のコースにインストールする場合 - コースを選択して、[設定] > [アプリ設定の表示] > [+ App] に移動します。

2

次の情報を入力します。

  • 設定タイプ[URL による] を選択します。

  • 名前Webex を入力するか、別の記述的な名前を入力します。

  • コンシューマー キー - コンシューマー キーを「Webex Education Connector を設定する」のステップ 2 を元に入力します。

  • 共有シークレット - 共有シークレットを「Webex Education Connector を設定する」のステップ 2 を元に入力します。

  • URL の起動 - LTI 登録 URL を「Webex Education Connector を設定する」のステップ 2 を元に入力します。

3

Webex Education Connector がインストールされたことを確認します。

  • Webex Education Connector をサイト全体で有効にした場合は、任意のコースに移動し、[コース ナビゲーション] メニューの [Cisco Webex] を確認します。
  • Webex Education Connector を単一のコースで有効にした場合は、そのコースに移動し、[コース ナビゲーション] メニューの [Cisco Webex] を確認します。
  • Webex Education Connector を無効の状態でインストールした場合は、任意のコースに移動します。 [コース ナビゲーション] メニューで、[設定] > [ナビゲーション] に移動します。 非表示項目のリストから [Cisco Webex] を見つけ、表示項目のリストにドラッグします。
4

[コース ナビゲーション] メニューで、[Cisco Webex] をクリックして、Webex Education Connector を開きます。

5

[セットアップ] タブで、[LMS で認証する] セクションまでスクロールして [承認] をクリックし、画面上の指示に従います。

6

インストラクタ設定で利用可能なサイト全体の機能を有効にするには、[設定] タブに進み、[管理コンソールに移動] をクリックして、有効にする機能を選択します。

7

[戻る] をクリックして変更を保存し、[セットアップ] タブに戻ります。