WebRTC を使用すると、Webex Board、Room デバイス、または Desk Pro から Google Meet ミーティングに参加できます。これはシステム管理者によって設定され、お使いの Webex デバイスの タイプによって異なります。

ワンボタン機能で参加

Hybrid Calendarが有効になっているデバイスでは、ワンボタン機能を使用できます。ユーザが Google Meet ミーティングのスケジュールを設定し、Webex デバイスを含めると、ミーティング開始前に、 [参加] ボタンがデバイスに直接表示されます 。 [参加] をタップするだけでミーティングに参加します。



ミーティングに参加すると、Webex デバイスはメイン画面に Google Meet からの ビデオストリームをデフォルトでグリッドレイアウトと通話制御とともに表示します。

プレゼンテーションが共有されている場合、お使いのデバイスにプレゼンテーションが表示されます。画面上で共有されているコンテンツ は対話型ではありません。コール制御とセルフビューが数秒後に消えます。

ミーティングにダイヤルして参加

カレンダーの招待メールまたはミーティングのリンク の最後に提供されたコードが、Google Meeting にログインして新しい Webex デバイスが必要です。コードを作成したら、 デバイスの [Google Meet] ボタン を選択して参加できます。



ミーティングに参加すると、Webex デバイスはメイン画面に Google Meet からの ビデオストリームをデフォルトでグリッドレイアウトと通話制御とともに表示します。

プレゼンテーションが共有されている場合、お使いのデバイスにプレゼンテーションが表示されます。画面上で共有されているコンテンツ は対話型ではありません。コール制御とセルフビューが数秒後に消えます。

制限事項 

次の機能は、会議中には利用できません。

  • デバイス上で共有はできません。 [共有オプション] をタップして実行できます。 ブラウザに提供された URL を入力します。

  • 参加者リスト

  • ホワイトボード機能

  • 遠端カメラ制御

  • レイアウトはデフォルトで枠線

  • Webex スクリーンが搭載されたミーティングデバイスは、メインディスプレイにミーティングを表示します。