Webex AssistantMeetings で利用できます。

41.5 のアップデートから、Events (新)ウェビナー モードが Webex Assistant に対応します。

41.7 のアップデートで、MeetingsEvents (新) に加えて、Webex アプリでも Webex Assistant を利用できるようになります。スペースから開始または参加したミーティングでは Webex Assistant はサポートされません。

政府版 Webex は Webex Assistant をサポートしていません。

この機能には、ビデオ システムから会議に参加できる Cisco Webex ビデオ プラット フォーム バージョン 2.0 が必要です。 使用しているバージョンを確認するには、「お使いの Cisco Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

ミーティングの主催者は、ミーティング中に Webex Assistant をオンまたはオフにできます。 ミーティングの開始時、常に Webex Assistant をオンにする場合は、[スケジュール] 設定の [Webex Assistant] オプションをオンにします

議事録の編集権限を持つユーザーは誰でも、議事録をダウンロード、音声クリップを再生、議事録のテキストを編集、議事録テキストからハイライトを作成することができます。

議事録の確認と編集

1

Webex サイトの [ミーティング コンテンツ] ページにある [音声テキスト] タブをタップします。

[ミーティング コンテンツ] ページへの移動の詳細については、「Webex Assistant for Meetings によって作成されたミーティングのおよびイベント コンテンツを表示する」を参照してください。

[音声テキスト] タブ
2

ミーティングまたはウェビナーの主催者であるか、主催者がミーティングまたはウェビナーをコンテンツの編集権限を与えたユーザーは、次の作業を行うことができます。

オプション 説明

音声クリップを再生する

聞きたいテキストの上にカーソルを合わせて、[音声の再生] を選択します音声を再生

議事録のテキストを編集する

編集するテキストの上にカーソルを合わせて、[議事録の編集] を選択します議事録の編集。 変更を行い、[議事録編集の保存] を選択します議事録編集の保存

一部の議事録のテキストからハイライトを作成する

テキストの上にカーソルを合わせて、[ハイライトに追加] を選択します。 [ハイライト] タブにメモのハイライトとしてテキストが追加されます。

議事録をダウンロードする

[議事録] タブで、ダウンロードしたい形式のファイル名を選択します。

WebVTT (. vtt) または text (.txt) 形式で議事録をダウンロードすることができます。

主催者から表示のみの権限が付与されている場合、議事録の音声クリップを再生することができます。

議事録の編集権限を持つユーザーは誰でも、音声クリップを再生し、議事録のテキストを編集することができます。

モバイル デバイスのミーティング議事録から音声クリップを再生します。

1

アプリのミーティング情報ページにある [議事録] タブをタップします。

[ミーティング情報] ページへの移動の詳細については、「Webex Assistant for Meetings によって作成されたミーティングのおよびイベントのコンテンツを表示する」を参照してください。

2

ミーティングまたはウェビナーの主催者であるか、主催者がミーティングまたはウェビナーのコンテンツを共有したユーザーは、次の作業を行うことができます。

オプション 説明

音声クリップを再生する

聞きたいテキストをタップし、[音声を再生] をタップします。

議事録のテキストを編集する

編集するテキストの隣の [議事録の編集] をタップします。 変更を加えて [議事録編集の保存] を選択します。

主催者から表示のみの権限が付与されている場合、議事録の音声クリップを再生することができます。