電話は、顧客や同僚と つながるための用途の広い方法であるため、ビジネスの専門家に人気のある選択肢です。電子メールよりも高速で、テキストよりも非公式 ではありません。ラップトップから情報を共有できます。音声通話 をビデオ通話に変えたり、必要に応じて人を追加したりできます。


サポートされている機能を Webex Desk Camera 受け入れるには、新しいデバイスとセカンダリまたは外部ディスプレイ画面を Desk Hub に接続する必要があります。

ヘッドセットユーザが注意すること:充電用ステーションに Cisco ヘッドセット 730 を 装着すると、通話やミーティングが切断されます。これは、Cisco Headsets モバイルアプリ で無効にしない限り、デフォルトの動作です。

通話の詳細については、「Cisco Webex Desk Deviceから電話をかける」を参照してください。

次の表に、通話中に利用できる機能を示します。

表 1Webex Desk Hub の通話中機能

機能

利点

ミュートおよびミュート解除

タップして音声をミュートにする

ビデオの開始ビデオの停止

タップしてカメラに表示します。もう一度タップしてカメラを停止します。

Webex Desk Camera の前面にプライバシーシャッターがあります。シャッターを右側にスライドして開きます。

共有

ラップトップから通話中の他の人とコンテンツをタップして共有します。共有オプションは次のとおりです。

  • USB-C ケーブルでの有線共有:Desk Hub を USB-C ケーブルでラップトップに接続します。

  • ワイヤレス画面の共有:Webex アプリから共有するか、ゲスト共有とDesk Hubに表示される 9 桁のコードを使用します。

マイクロフォン

タップして次の設定にアクセスします。

  • デフォルト:タップして、デフォルトのマイク設定を使用します。

  • ノイズ除去:タップして背景雑音を軽減します。

  • 自分の声に合わせて最適化:タップすると、背景雑音よりも自分の声が優先されます。

Add

タップして別の人を追加します。

コールの終了

タップして通話を切断します。

レイアウト

タップして画面のレイアウトを変更します。

保留

タップして発信者を保留にします。[再開] をタップして通話に戻ります。

の機能は、UCM コールでのみ使用できます。

自画面

通話やミーティングに参加する前に、外部モニタの見た目をタップして確認します。

少しプライバシーを確保したい場合は、バックグラウンドを選択できます。また、[Best Overview]を有効にして、ビデオで常に適切にフレーム化されるようにすることもできます。

参加者

ミーティングに参加しているすべての人の一覧をタップして表示します。

Down arrow

Desk Hub のデスクトップを表示する場合はタップします。

Best Overviewでは、ビデオ会議や通話の参加者全員に見えるようにします。この機能を有効にしてカメラを調整して、ビデオ のフレーミングを適切に行います。表示カメラ設定欄をカスタマイズする場合、またはカメラのズーム機能を使用する場合は、この機能を無効にします。

この機能はデフォルトで無効に設定されています。

Webex Desk Camera のカスタマイズの詳細については、「Webex Desk Camera のカスタマイズ」を参照してください。

1

[セルフビュー] をタップします。

2 

カメラビューの調整][をタップします。

3 

Best Overview の有効化

の機能は、UCM コールでのみ使用できます。

アクティブ コールを保留にして、いつでも再開できます。 ビデオコールを保留にすると、コールを再開するまではビデオ転送がブロックされます 。

通話を終了する前に、通話を再開する必要があります。

1

アクティブコール中に [保留] をタップします。

2 

[復帰] をタップします。

不在着信と不在着信の数が [通話] アイコンに表示されるため、忙しくないときに折り返し電話をかけることができます。

1

[通話] をタップして、通話画面を表示します。

2 

[最近] をタップして、電話をかけた人の連絡先情報を表示します。

3 

電話を折り返す場合は、相手の名前をタップします。

の機能は、UCM コールでのみ使用できます。

デスクから離れる場合は、別のデバイスに通話を送信してください。これは、同僚 に電話に応答させたり、電話を携帯電話で鳴らしたりするのに便利な方法です。

1

デバイス 画面の左上隅をタップします。

2 

[すべての通話を転送する] をタップします。.

3

[お気に入り][最近]、または [ディレクトリ] から宛先を選択します。

4

[すべての通話を転送する] をタップします。

の機能は、UCM コールでのみ使用できます。

Webex Desk Hub から直接ボイスメッセージにアクセスできます。ただし、メッセージにアクセスするには、管理者または IT 担当者がアカウントを設定する必要があります。

デスクから離れている場合でも、アカウントに電話して PIN を入力することでメッセージを確認できます。 詳細は管理者から入手できます。

聞いていないメッセージの数がボイスメールアイコンに表示されます。


ボイスメールは Desk Hub の一部ではないため、この項目のボイスメール情報は限られています。これは、社内で購入したサーバとファームウェアを使用した個別のコンポーネント です。人気のあるボイスメールソリューションの 1 つは、Cisco Unity Connection です。 ボイスメールの設定と使用の詳細については、 にあるCisco Unity Connection 電話インターフェイスのユーザガイドを参照してください。

1

ボイスメールをタップします。

2 

プロンプトが表示されたら、PIN を入力します。