1

[基本設定] (左側ナビゲーションバーを選択します。

[全般] タブ
2

[タイムゾーン] ドロップダウン リストからタイムゾーンを選択します。

3

[言語] ドロップダウン リストから [希望する言語] を選択します。


 

サイト管理者によって設定された言語がデフォルトになります。 サイトにログインしている場合は、別の言語を設定することができます。 選択内容はブラウザのクッキーに保存され、ログインしていないときに機能します。

サイト管理者によって設定された言語が、ゲストユーザーの言語のデフォルトになります。

4

[地域] ドロップダウン リストから地域を選択します。

5

WBS33.7 以降を使用している場合、 [アカウントへのサインイン] で、[接続] を選択して Webex アカウントをお使いの Google、Microsoft Office 365、または Facebook アカウントに接続してから、画面上の指示に従って下さい。 [切断] をクリックして、リンクしたアカウントを削除します。

6

サードパーティのインテグレーションの場合は、[認証アクセスの取り消し] を選択して、すべてのサードパーティのインテグレーションを削除します。

7

カレンダーの統合については、[承認] を選択して、Microsoft Office 365 を Cisco Webex サイトに統合します。 モダンビューの [ミーティング] から、Microsoft Office 365 でスケジュールされたすべての Webex ミーティングにアクセスできるようになります。

モダン ビューの [ミーティング] から、Microsoft Office 365 でスケジュールされた Webex ミーティングを表示したくない場合は、[削除] を選択します。

8

[保存] を選択します。