Webex Meetings のデスクトップまたはモバイルアプリからブレイクアウト セッションを開始する

主催者と共同主催者は、ミーティングのスケジュール時にブレイクアウトセッションを作成して参加者を事前指定することもでき、また、参加者が任意のセッションに参加できるようにもできます。

ブレイクアウト セッションは、WBS40.9 以降のサイトで利用できます。 使用している Webex Meetings バージョンを確認するには、[Cisco Webex Meetings バージョン番号の確認] を参照してください。

Webex ミーティングでのロールに応じて、ブレイクアウトセッションで何ができるかを確認してください。

1

[ブレイクアウト] メニュー から、[ブレイクアウトセッションを有効にする] をクリックして、ブレイクアウトセッション機能を有効にします。

ミーティングをスケジュールするときに、ブレイクアウトセッション機能を有効にすることもできます。

ブレイクアウトセッション機能が有効になっている場合、[ブレイクアウトセッション] ボタンがミーティングコントロールに表示されます。

2

ミーティングで [ブレイクアウトセッション] を選択します。


 

一度に [ブレークアウト セッションの割り当て] ダイアログボックス開くことができるのは、1名の主催者または共同主催者だけです。

ミーティングをスケジュールするときに、ブレイクアウトセッション機能を有効にすることもできます。

3

作成するブレイクアウトセッションの数、参加者を指定する方法を選択します。

  • 自動割り当て—各ブレイクアウト セッションに参加者が均等に割り当てられます。
  • 手動割り当て—ユーザーが各ブレイクアウト セッションに参加者を割り当てます。
  • 参加者が任意のセッションを選択—参加者は任意のセッションに参加できます。
4

[割り当てを作成] をクリックします。

ブレイクアウト セッションが作成されます。 デフォルトでは、ブレイクアウトセッションの名前はブレイクアウトセッション 1ブレイクアウトセッション 2 などになります。 ブレイクアウトセッションの名前は後で変更できます。

手順 3 で [自動] を選択した場合は、参加者が割り当てられます。 手順 3 で [手動] を選択した場合は、参加者をブレイクアウトセッションに割り当てます。


 

ブレイクアウトセッションの数または参加者の割り当て方法を変更する場合は、[リセット] をクリックして、手順 3 と 4 を繰り返します。 すべての既存のセッションは新しいブレイクアウトセッションに置き換えられます。

5

ブレイクアウト セッション設定を変更します。

6

すべてのブレイクアウトセッションを開始する準備ができたら、[ブレイクアウトセッションを開始] をクリックします。

次に行うこと

ブレイクアウトセッションが指定された分数後に自動的に終了するように設定されていない場合は、ブレイクアウトセッションの使用が終了したときにすべてのブレイクアウトセッションを終了できます。

1

[他のオプション]他のオプション > [ブレイクアウトセッション] をタップします。


 

[ブレイクアウトセッション] ボタンが使用不可の場合は、他の誰かがブレイクアウトセッションを編集しています。 主催者または共同主催者に変更を加えているかどうかを尋ねます。

2

作成するブレイクアウトセッションの数と、参加者の割り当て方法を選択します。

  • 自動割り当て—各ブレイクアウト セッションに参加者が均等に割り当てられます。
  • 参加者が任意のセッションを選択—参加者は任意のセッションに参加できます。
3

[割り当てを作成] をタップします。

デフォルトでは、ブレイクアウトセッションの名前はブレイクアウトセッション 1ブレイクアウトセッション 2 などになります。 ブレイクアウトセッションの名前は後で変更できます。

手順 2 で [自動割り当て] を選択した場合は、参加者が割り当てられます。 手順 2 で [参加者が任意のセッションを選択] を選択した場合は、参加者をブレイクアウト セッションに割り当てます


 

ブレイクアウトセッションの数または参加者の割り当て方法を変更する場合は、[リセット]リセットをタップして、手順 2 と 3 を繰り返します。 すべての既存のセッションは新しいブレイクアウトセッションに置き換えられます。

4

ブレイクアウト セッション設定を変更します。

5

すべてのブレイクアウトセッションを開始する準備ができたら、[ブレイクアウトセッションを開始] をタップします。

次に行うこと

ブレイクアウトセッションが指定された分数後に自動的に終了するように設定されていない場合は、ブレイクアウトセッションの使用が終了したときにすべてのブレイクアウトセッションを終了できます。

1

[他のオプション]他のオプション > [ブレイクアウトセッション] をタップします。


 

[ブレイクアウトセッション] ボタンが使用不可の場合は、他の誰かがブレイクアウトセッションを編集しています。 主催者または共同主催者に変更を加えているかどうかを尋ねます。

2

作成するブレイクアウトセッションの数と、参加者の割り当て方法を選択します。

  • 自動 - 各ブレイクアウト セッションに参加者を均等に割り当てます。
  • 手動 - ユーザーが各ブレイクアウト セッションに参加者を割り当てます。
3

[割り当てを作成] をタップします。

デフォルトでは、ブレイクアウトセッションの名前はブレイクアウトセッション 1ブレイクアウトセッション 2 などになります。 ブレイクアウトセッションの名前は後で変更できます。

手順 2 で [自動] を選択した場合は、参加者が割り当てられます。 手順 2 で [手動] を選択した場合は、参加者をブレイクアウトセッションに割り当てます。


 

ブレイクアウトセッションの数または参加者の割り当て方法を変更する場合は、[リセット]リセットをタップして、手順 2 と 3 を繰り返します。 すべての既存のセッションは新しいブレイクアウトセッションに置き換えられます。

4

ブレイクアウト セッション設定を変更します。

5

すべてのブレイクアウトセッションを開始する準備ができたら、[ブレイクアウトセッションを開始] をタップします。

次に行うこと

ブレイクアウトセッションが指定された分数後に自動的に終了するように設定されていない場合は、ブレイクアウトセッションの使用が終了したときにすべてのブレイクアウトセッションを終了できます。