2020年7月 XX 日

バージョン 1.6. x

このリリースの解決済みバグを次に示します。

  • EMEAR の顧客のために利用できるようになりました

  • ホワイトボード機能を使用しているリモートエキスパートは、リモートワーカーのアプリで問題が発生することはなくなりました。

  • 最近の連絡先の読み込みは、無限ループに入る場合があります。 これは修正されました

  • ユーザーのログイン/登録が失敗した場合のナビゲーションの改善。

  • 時刻と日付が正しくない場合でも、間違った時刻のエラーメッセージが誤って表示されることがありました。 これは修正されました。

2020年6月19日

バージョン1.5.1

新しいバージョンの Cisco Webex エキスパートが必要に応じてリリースされました。 新機能の詳細については、 Cisco Webex エキスパートの最新情報を確認してください。

2019年12月11日

バージョン1.4.2

このリリースの解決済みバグを次に示します。

  • パスワードのサインインフィールドは、仮想キーボードの半分をカバーしています。

  • パスワードフィールドは、エラーメッセージが表示されたときに、仮想キーボードによって押し下げられるようになりました。

  • アプリケーション内の項目を選択するために使用される項目番号が適切に調整されていません。 通常、仮想キーボードを閉じた後に発生します。

  • 着信側のプロファイル写真が表示されていません。

  • アプリがバックエンド (ホームページ) から取り消された後で、チームメンバーのページに仮想キーボードがポップアップします。

  • 管理者ユーザーは別の組織の管理者ユーザーにメッセージを送信することはできません

  • Cisco アカウントでサインインすると、ディレクトリ検索でエラーメッセージが表示されます