2020 年 11 月 13 日

バージョン 1.7.0

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • リモートエキスパートが通話を拒否した場合でも、カメラビューがヘッドセットに表示される。

  • スペースでの通話中、一部のユーザーに注釈が表示されない。

  • 通話が接続された後でも、通話画面がヘッドセットで開いたままになる。

  • ヘッドセットユーザーが通話を拒否すると、不正なゲートウェイメッセージが表示される。

  • EMEAR 地域の一部のユーザーは、さまざまな組織のユーザーを連絡先に追加できない。

  • 通話が一時停止されると、ヘッドセットユーザーの共有画面が表示される。

  • 通話が接続される前にユーザーが通話画面から離れても、アプリが引き続き通話を接続しようと試みる。

  • プロキシサーバーを介してネットワークに接続するユーザーは画面共有を使用できず、アプリを起動できない場合もある。

2020 年 8 月 7 日

バージョン 1.6.0

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • 一部の地域のユーザーがメッセージを送信したり、電話をかけたりすることができない。

  • リモートエキスパートがホワイトボードの共有を停止すると、ビデオ通話が終了し、Webex Expert on Demand アプリが異常な動作を示す。

  • 最近の連絡先をロードしているときに、ソフトウェアで無限ループが発生する。

  • サインイン中にエラーが発生した場合、サインイン画面に戻ることができない。

  • デバイスの時刻と日付が正しいにもかかわらず、誤りがあるというエラーメッセージが表示される。

2020 年 6 月 19 日

バージョン 1.5.1

Cisco Webex Expert on Demand の新しいバージョンをリリースしました。 新機能の詳細については、「Cisco Webex Expert on Demand の新機能」 をご確認ください。

2019 年 12 月 11 日

バージョン 1.4.2

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • 仮想キーボードによって、パスワードサインインフィールドの半分がおおわれている。

  • エラーメッセージが表示されるとパスワードフィールドが押し下げられ、仮想キーボードと重なる。

  • アプリケーション内でアイテムを選択するため使用されるアイテム番号が正しく配置されていない。 通常、仮想キーボードを閉じた後に発生する。

  • 着信者のプロフィール写真が表示されない。

  • APPがバックエンド(ホームページ)から取り消された後、仮想キーボードがチームメンバーのページにポップアップ表示される。

  • 管理者ユーザーが別の組織の管理者ユーザーにメッセージを送信できない

  • シスコアカウントでサインインすると、ディレクトリ検索でエラーメッセージが表示される