ハイブリッド カレンダー サービス向け Webex ライセンスの要件
  • 有料サブスクリプションをのある Webex 組織。

その他の Cisco ライセンス
  • Cisco Expressway (ハイブリッド サービスによる無料のソフトウェア コネクター ライセンス)

ドキュメント
https://www.cisco.com/go/hybrid-services-calendar
Webex ビデオ メッシュ向け Webex ライセンスの要件
  • 有料サブスクリプション (少なくともビジネス メッセージと Advanced Meetings を含む) のある Webex 組織。

その他の Cisco ライセンス
  • Webex ビデオ プラットフォーム 2.0 (クラウド コラボレーション ミーティング ルームのサイト オプションで利用可能なメディア リソース タイプ リストがあれば、Webex サイトがビデオ プラットフォーム バージョン 2.0 であることを確認できます)。

ドキュメント
https://www.cisco.com/go/video-mesh
ハイブリッド メッセージ サービス向けの Webex ライセンスの要件
  • 組織には、少なくとも有償版の Webex アプリのオファーが必要です。 これは、Cisco Commerce Workspace を通じて注文することができます。

    また、組織の管理者権限で Cisco Webex Control Hub にアクセスできる必要があります (これらは注文プロセスの一部として取得します)。

  • すべての Jabber ユーザーを Control Hub にインポートし、全員に「Message 無料」の資格を付与する必要があります。 これにより、すべての Jabber ユーザーが、基本的な Webex メッセージ機能を使用できるようになります。

    この基本メッセージ機能に追加の有料ライセンスは不要です。 すべてのユーザーにこの資格を持たせることで、ハイブリッド メッセージ サービスを有効にしているユーザーと、Jabber のライセンスのみを持つユーザー間の相互運用性が向上します。

その他の Cisco ライセンス
  • ここでは、すべてのユーザーがすでに Cisco Jabber のライセンスを供与されていて、Cisco Unified Communications Manager IM とプレゼンスに登録済みの Jabber があると仮定しています。

ドキュメント
https://www.cisco.com/go/hybrid-services-message