仮想カメラでは、ビデオ フィード、静止画、コンピューターのデスクトップ共有など、ユーザーが視覚表示を選択できます。 仮想カメラはハードウェアのカメラではありませんが、有効にすると、ユーザーは通話やミーティングでのビデオ フィード用に仮想カメラを選択できます。


この設定では、macOS でのみ仮想カメラを有効または無効にできます。 この設定が有効か無効かに関係なく、Windows ユーザーは常に仮想カメラにアクセスできます。

Webex サイトの仮想カメラを有効または無効にするには、「Cisco Webex Meetings で仮想カメラを有効または無効にする」の手順を使用します。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから、[管理] >[組織設定] の順に移動します。

2

[仮想カメラ] までスクロールし、設定を次のいずれかの状態に切り替えます。

  • オン - 組織内の Mac OS ユーザーがサードパーティ製の仮想カメラを選択できるようにします。
  • オフ - 組織内の Mac OS ユーザーがサードパーティ製の仮想カメラを選択できないようにしてミーティングの安全性を高めます。