この機能は、クラウドに録画されているビデオ中心のネットワーク MP4 録画で利用できます。


ミーティング中またはイベント中に [ファイルの共有] を使用してビデオを共有した場合、MP4 録画はビデオ中心の形式では保存されません。

この機能は、Cisco Webex ビデオ プラットフォーム バージョン 2.0 を必要とします。 使用しているバージョンを確認するには、「Cisco Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。 この機能は、主催者のコンピュータ上でローカルに記録されたミーティングおよびイベントでは利用できません。

デフォルトの画面レイアウトを変更すると、新しいデフォルト設定が今後行う録画に適用されます。 既存の録画のレイアウトは変更されません。

デフォルトでは、WBS40.9 以降のサイトは、コンテンツを共有していない間は自動的にグリッドビューを使用し、コンテンツを共有している間はステージビューが使用されます。 過去に録画のデフォルト画面レイアウトをフォーカスされたコンテンツビューに変更した場合でも、これがデフォルトの画面表示になります。

コンテンツを共有していない場合時の画面レイアウトオプション

WEB_recording-pref_no-shared-content-layouts

グリッド ビューは、誰もコンテンツを共有していないときに、画面のメイン部分にアクティブなスピーカーを表示します。

ステージビューは、誰もコンテンツを共有していないときに、画面のメイン部分にアクティブなスピーカーを表示します。 アクティブなスピーカーおよび他の最大 4 人までの参加者のビデオサムネイルが、画面上部に表示されます。

フォーカスビューは、誰もコンテンツを共有していないときに、画面のメイン部分にアクティブなスピーカーを表示します。

ブランク ビュー コンテンツが共有されていない場合、空のビューには空白の画面が示されます。

コンテンツを共有している場合の画面レイアウトオプション

WEB_recording-pref_shared-content-layouts

グリッドビューは、画面のメイン部分にコンテンツ、画面上部にアクティブなスピーカーと他の最大 4 人の参加者のビデオサムネイルを表示します。

アクティブなスピーカーのいるフォーカスされたコンテンツビューは、画面のメイン部分にコンテンツ、右上隅にアクティブなスピーカーの大きなサムネイルを表示します。

フォーカスされたコンテンツビューは、画面のメイン部分に共有コンテンツのみを表示します。

1

カスタマー ビューからhttps://admin.webex.com [サービス] に移動し、[ミーティング] から [サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択して、[サイトの構成] をクリックします。

3

[共通設定][サイトオプション] を選択し、[ビデオ中心録画を有効にする] オプションまで下方にスクロールします。

4

コンテンツを共有するときおよびコンテンツを共有していないときのデフォルトビューを選択します。

choose_default_screen_layout_for_recordings
5

[アップデート] をクリックします。

1

Webex サイト管理にサインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[サイトオプション] まで下方にスクロールします。

3

[ビデオ中心録画を有効にする] で、コンテンツを共有するときおよびコンテンツを共有していないときのデフォルトビューを選択します。

choose_default_screen_layout_for_recordings
4

[アップデート] をクリックします。