ウォーター マーク
2020年5月5日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Windows での Webex Teams Outlook のインテグレーションのトラブルシューティング

Windows での Webex Teams Outlook のインテグレーションのトラブルシューティング。

Windows で Webex Teams と Outlook をインテグレーションできません。

この記事の原文は英語で書かれており、機械翻訳されています。 英語から多言語への機械翻訳の精度、正確性、または信頼性に関しては、明示的にも、暗黙にも、いかなるタイプの保証も行いません。 Cisco はこの内容の不適切な翻訳または情報の使用により生じた, 不正確な情報, 誤り, 損害に対して責任を負いません。

Windows での Webex Teams Outlook インテグレーションのトラブルシューティング
 

  1. プロキシ アドレスの属性:
SIP URI プロキシ アドレス属性の変更のために、Outlook インテグレーションが壊れている可能性があります。 Outlook でユーザーの SIP アドレスを表示するには:
  1. 連絡先カードを右クリックします。
ユーザーにより追加された画像
  1. [Outlook プロパティを開く] をクリックします。
  2. [メール アドレス] タブをクリックします。
Proxy Address 属性の SIP アドレスは、動作させるためのキーです。 Proxy Address Attribute フィールドは顧客のメール ID と一致する必要があります。 これは、Microsoft により推奨されます。 Webex はユーザーのメール アドレス (JID) に基づいて調べます。 
 
ユーザーのメール アドレスは、Active Directory (AD) の Proxy Address 属性と一致する必要があります。 例: SIP:<userid>@<customerdomain>
AD の変更が Outlook クライアントで有効になるまで最大 24 時間かかる場合があります。 ですから、すぐにわからないことがあります。
 
  1. Teams を再インストールし、コマンドプロンプトを再実行してください。
    1. コマンド プロンプトは管理者として開始してください。
    2. c:\Users\anita\AppData\Local\Programs\Cisco Spark\dependencies
    3. 正常に登録された場合は、「regsvr32.exe spark-windows-office-integration.dll」を実行し、Spark を再起動し、Outlook を再起動します。 次のメッセージが表示されます。
ユーザーにより追加された画像

  
 上記のインストレーションの上にポップアップが表示されないようにするには:
  • 登録が成功した場合、「sucess: Regsvr32.exe /s spark-windows-office-integration.dll」と表示され、SPARK_DUMMY はレジストリに入れられます。
次のことに気が付きます。
<Info> Line:13 main:Is Spark Default Provider: 1
<Info> Line:18 main:Office version: OFFICE_2016_CLICK2RUN
<Info> Line:21 main:Supported office version: Yes

<Debug> Line:114 Utils::Registry::CheckInterfaces:HKCU: 0 HKCU Wow6432Node: 0
<Debug> Line:115 Utils::Registry::CheckInterfaces:HKLM: 0 HKLM Wow6432Node: 19
<Debug> Line:127 Utils::Registry::CheckInterfaces:TypeLib Win32 HKCU:
C:\Users\jesorens\AppData\Local\CiscoSparkLauncher\3.0.9252.0_865e7ff5-f2e7-428d-8bac-59767804e29a\dependencies\spark-windows-office-integration.dll
<Info> Line:144 Utils::Registry::CheckInterfaces:Successful registration: 1
regsvr32.exe /s /u spark-windows-office-integration.dll

ユーザーは Webex Teams と Outlook を再起動して、Outlook の Webex Teams からステータスを確認する必要があります。  Unregister コマンドを実行すると、MS レジストリ キーは削除せずに、dll を登録解除するときに自分たちのものだけを登録解除します。 登録解除する場合、だれかが引き継がない限り、プレゼンス ピルを表示することはないはずです。
 
  1. MAPI 接続が正しいことを確認します:
    1. [設定] > [ヘルプ] > [接続ステータスの表示] を選択します。
ユーザーにより追加されたイメージ
  1. Microsoft Outlook とインテグレーションされているその他の Extensible Messaging and Presence Protocol (XMPP) / Session Initiation Protocol (SIP) アプリケーションがないことを確認してください。 例: Lync、Windows Live Messenger、Office Communicator、Windows Messenger、Cisco Unified Communication Integration with Microsoft Lync 2010 (CUCILync)、Cisco Unified Communication Integration with Microsoft Office Communicator (CUCIMOC)、Cisco Unified Personal Communicator (CUPC)、および WebEx Connect.
アドインを無効にするには:
  1. Microsoft Outlook を開いて、[ファイル] タブをクリックし、[オプション] を選択します。
  2. [アドイン] ボタンをクリックします。
  3. [管理] ドロップダウンから [Com アドイン] を選択し、[移動...] を選択します。 
  4. [利用可能なアドイン] ウィンドウで、上記リストのエントリを オフにして、[OK] をクリックします。
  5. Outlook をいったん終了し、再起動します。

5) オプション「名前の隣にオンライン ステータスを表示」が Outlook で有効になっている必要があります
有効にするには、[ファイル] > [オプション] > [連絡先] または [ユーザー] に移動します。
ユーザーにより追加されたイメージ

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事