電話機をネットワークに接続すると、電話機の起動プロセスが開始され、電話機がサーバに登録されます。

電話機は、接続されると、新しいファームウェアのロードを電話機にインストールする必要があるかどうかを判定します。

1

電話機の電源を次の中から選択します。

  • を使用した PoE(Power over Ethernet)の導入 Cisco IP Conference Phone 8832 PoE インジェクタ

  • を使用した非 PoE イーサネットの導入 Cisco IP Conference Phone 8832非 PoE イーサネット インジェクタ

2

電話機をスイッチに接続します。

  • PoE を使用する場合:
    1. LAN ポートにイーサネット ケーブルを差し込みます。

    2. イーサネット ケーブルのもう一方の端を Cisco IP Conference Phone 8832 PoE インジェクタ または Cisco IP Conference Phone 8832 イーサネット インジェクタ に差し込みます。

    3. USB-C ケーブルを使用してインジェクタを会議電話に接続します。

  • PoE を使用しない場合:
    1. USB-C ケーブルを使用して電源アダプタを Cisco IP Conference Phone 8832 イーサネット インジェクタ に接続します。

    2. Cisco IP Conference Phone 8832 イーサネット インジェクタ を使用している場合、電源アダプタを電源コンセントに差し込みます。

    3. USB-C ケーブルを使用して電源アダプタをイーサネット インジェクタに接続します。

      または

      Cisco IP Conference Phone 8832非 PoE イーサネット インジェクタ を使用している場合、電源コンセントに差し込みます。

    4. イーサネット ケーブルをイーサネット インジェクタに差し込みます。

    5. イーサネット ケーブルを非 PoE インジェクタまたはイーサネット インジェクタに差し込みます。

    6. LAN ポートにイーサネット ケーブルを差し込みます。

    7. 2 本目の USB-C ケーブルを使用して、イーサネット インジェクタを会議電話に接続します。

    8. USB-C ケーブルを使用して、非 PoE インジェクタまたはイーサネット インジェクタを会議電話に接続します。

3

電話機の起動プロセスをモニタします。この手順により、電話機が正しく設定されていることを確認できます。

4

最新のファームウェア イメージへの電話機のアップグレードを許可します。

5

電話機を使用してコールを発信し、電話機と機能が正常に動作することを確認します。