Charles プロキシログを取り込む方法は?

Charles プロキシログを取り込む方法は?

Mac で Charles プロキシログを使用する方法は?

Windows で Charles プロキシログを使用する方法は?

Charles プロキシログを使用して Webex デスクトップアプリ (PT) の問題をトラブルシューティングするには?

Charles プロキシツールは、Windows および Mac 用の Webex デスクトップアプリ (PT) の技術的な問題のログをキャプチャするために使用されます。

インストール

次のリンクから Charles プロキシをダウンロードしてインストールしてください:
https://www.charlesproxy.com/download/latest-release/

Charles は Windows (32/64-bit) および Mac OS X で利用できます。

インストールのヘルプについては、次を参照してください。 https://www.charlesproxy.com/documentation/installation/

メモ: 次の手順は Mac OS 用のものです。 Windows 用のインストールヘルプは上記のリンクを参照してください。前提条件 - 設定

  1. Charles を起動します。   (ヒント: VPN を使用している場合、まず VPN を無効にし、それから Charles を起動します。 それから再び VPN を有効にしてください。)
  2. [プロキシ設定 ] に移動して>macOS を 選択します
  3. [macOS Proxy] を有効にします:
ユーザーにより追加されたイメージ
  1. プロキシプロキシ設定 >移動する
  2. [Use a dynamic port] を有効にします:
       ユーザーにより追加されたイメージ

SSL 証明書をインストールして Charles プロキシを承認します
  1. [Help] > [SSL Proxying] > [Install Charles Root Certificate] の順に移動します
ユーザーにより追加されたイメージ
  1.  [Keychain Access] を開きます。 Charles プロキシの証明書が login 下にインストールされている場合、それを Systemに移動し、証明書が信頼できるものであることを確認します:
ユーザーにより追加されたイメージ
  1. ダブルクリックして設定を編集します。
  2. [Trust] > [When using this certificate] の下で、これを [Always Trust] に設定します:
ユーザーにより追加されたイメージ
      証明書が信頼されたものになります:
ユーザーにより追加されたイメージ
      
 
特定のサイト用に SSL プロキシを有効にする
  1. ブラウザでサイト URL を入力すると、Charles がサイトのログを取り、下に表示します。
ユーザーにより追加されたイメージ
  1. [Proxy] > [SSL Proxy Settings] の順に移動します。
  2. [ 追加]をクリックし、取り込む必要がある解読されたトラフィックのサイト URL を入力し 、[ポート: を入力します。
  3. [OK] を選択します
ユーザーにより追加されたイメージ
 結果は次のように表示されます。
ユーザーにより追加されたイメージ
 
検証サイト URL の正確な Charles ログを取り始めることができます。
他のサイト URL を取り込むには、上記のステップ 1-3 を繰り返し、URL が SSL プロキシに追加されたことを確認してください。

適切に設定すると、取り込み画面が下の画像の右側に表示されます。

ユーザーにより追加されたイメージ

Charles プロキシツールの使用に関する詳細は、次を参照してください: https://www.charlesproxy.com/documentation/using-charles/

この投稿記事は役に立ちましたか?