始める前に

ユーザーの場所の単一番号リーチ (Office Anywhere) は、管理者が設定する必要があります。

1

https://settings.webex.com に移動し、[Webex Calling] を選択します。

2

Calling ユーザー ポータルで [通話設定] に移動します。

3

単一番号リーチ (Office Anywhere) をオンに切り替えます。

4

ディレクトリ タブからの連絡通話を有効にする場合、チェックボックスにマークを入れます。

5

[パーソナル番号を追加する] をクリックして、単一番号リーチ (Office Anywhere) 番号として使用される電話番号を追加します。

6

[名前][電話番号] を入力します。

電話番号を追加すると、すぐに有効になります。 無効にするには電話番号の横にあるボックスのチェックを外します。

7

[着信通話オプション] をクリックして、この電話番号に対して次の設定のいずれかを有効にします。

  • 通話を転送しない - 通話転送が有効になっている場合でも、通話は転送されません。
  • 応答設定 - 発信者は接続する前にキーを押すように求められます。 発信者に通話が単一番号リーチ (Office Anywhere) 番号に自動的に発信されることを知らせる場合は、このオプションを使用します。
  • 通話コントロール - 単一番号リーチ (Office Anywhere) デバイスで使用しているシステムの機能アクセス コードを使用できます。
  • 機能コードを有効化する - 指定したデバイスを使用して、機能アクセス コードを通じ通話保留や通話転送などのシステムの通話制御機能にアクセスできます。
8

[保存] をクリックします。


 

別のパーソナル番号を追加するには、[別のパーソナル番号を追加する] をクリックします。 前の手順に従います。