Webex 生産性向上ツールのアップデートが入手できるかどうかを確認することができます。 Mac メニューバー上の Cisco Webex メニューから、[詳細] > [アップデートの確認] を選択します。

最新のアップデートが利用できるかどうかシステムにより確認されます。 アップデートが利用できない場合、最新版がインストールされていることを示すメッセージが表示されます。 最新版のアップデートが利用できる場合、選択してすぐに開始することができます。

Mac 版生産性向上ツールのサポート終了

Microsoft が 5 月中旬から Mac 版 Outlook でインジェクションベースのプラグインをブロックする予定のため、Mac 版生産性向上ツールの最終リリースは 41.5 になります。 Webex の使用を希望する Mac ベースの Outlook をご利用のお客様は、Cisco Webex スケジューラに移行してください。

Webex 生産性向上ツールは、39.10 以降の Webex Meetings デスクトップ アプリとは別のものです。 生産性向上ツールでは 41.2 以降、IBM Lotus Notes、IBM Sametime、Microsoft Lync、Internet Explorer、Skype for Business との連携はサポートされなくなりました。