デフォルトでは、以下のオプションが Webex Events (新) で有効になっています。

  • 注釈ツール

  • アプリケーション共有

  • アプリケーション共有のリモート操作

  • チャット

  • デスクトップ共有

  • デスクトップ共有のリモート操作

  • ドキュメントとプレゼンテーションの共有

  • ファイル転送

  • 練習セッション

  • Q&A

  • 録画 - ローカル コンピューター

  • 録画 - ネットワーク

  • Web ブラウザの共有

  • ウェブ ブラウザの共有—リモート コントロール

  • ホワイトボード

始める前に

サイトでこの機能を有効にするには、カスタマー サクセス マネージャーに連絡してください。

1

Webex サイト管理にサインインし、[構成] >[共通サイト設定] >[オプション] の順に選択します。

2

[サイト オプション] までスクロールし、[Webex Events の新しいバージョンのカスタム オプションを有効にする] をオンにします。

[Webex Events の新しいバージョンのカスタム オプションを有効にする] チェック ボックスが含まれる [サイト オプション] セクション。

次に行うこと

この機能を有効にすると、既存ユーザーと新規ユーザーが使用できる機能をカスタマイズできます。

  • 既存ユーザー - [ユーザー管理] > [ユーザーの編集]

  • 新規ユーザー - [ユーザー管理] > [ユーザーを追加]

または、ユーザー エクスポートを行い、CSV 方法を使用してこれらの設定を一括更新できます。 詳細については、「Webex CSV ファイル形式のリファレンス」を参照してください。

始める前に

サイトでこの機能を有効にするには、カスタマー サクセス マネージャーに連絡してください。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] をクリックします。

3

[共通設定] の下で、[サイト オプション] を選択し、[Webex Events の新しいバージョンのカスタム オプションを有効にする] をクリックします。

[Webex Events の新しいバージョンのカスタム オプションを有効にする] チェック ボックスが含まれる [サイト オプション] セクション。

次に行うこと

この機能を有効にすると、既存ユーザーと新規ユーザーが使用できる機能をカスタマイズできます。

  • 既存ユーザー - [ユーザー管理] > [ユーザーの編集]

  • 新規ユーザー - [ユーザー管理] > [ユーザーを追加]

または、ユーザー エクスポートを行い、CSV 方法を使用してこれらの設定を一括更新できます。 詳細については、「Webex Control Hub での Webex Meetings CSV ファイルのインポートとエクスポート」を参照してください。