表 1. 保守用コネクタ コマンド

コマンド

目的

serab_get_device_aliases

保守用コネクタからデバイスのエイリアスを返します。 これらは、Expressway からデバイスに接続を設定するときに、各デバイスに対してコネクタが生成するエイリアスです。

get_device_commands

コネクタが指定されたデバイスに送信できるコマンドを返します。

get_device_command_information

指定されたデバイスコマンドの JSON スキーマを返します。

表 2。 VOS 製品コマンド

コマンド

目的

get_system_info

指定されたデバイス(エイリアス)からのシステム健全性情報を収集し、データの JSON ファイルを指定されたサービス要求にコピーします。

get_product_information

アクティブ バージョン、展開済み製品、製品 ID、サービス名、および依存しているサービスを含む、指定されたデバイス(エイリアス)に関する情報を収集します。 データの JSON ファイルを指定されたサービス要求にコピーします。

get_service_status

指定されたサービスからのステータスを収集し、データの JSON ファイルを指定されたサービス要求にコピーします。

サービスが指定されていない場合、すべてのサービスのステータスを収集します。

get_perfmon_object

指定されたサービスからのパフォーマンス カウンタを収集し、データの JSON ファイルを指定されたサービス要求にコピーします。

collect_services_logs_relative

指定された特定の単位の指定された時間の単位について、指定されたサービスのサービス ログを収集します。 相対期間はコマンドが発行された時点で開始し、ログは指定したサービス要求にコピーされます。

collect_services_logs_absolute

指定された時間範囲内の指定されたサービスのサービスログを収集します。 ログは指定したサービスリクエストにコピーされます。

collect_filter_services_logs_relative

相対期間 (上記を参照) のサービスログを収集し、指定された正規表現によってコピーされたファイルをフィルタリングします。

collect_filter_services_logs_absolute

相対期間 (上記を参照) のサービスログを収集し、指定された正規表現によってコピーされたファイルをフィルタリングします。

collect_coredump

指定されたファイル名の coredump を収集し、そのファイルを指定されたサービス要求にコピーします。

表 3. Cisco Unified CM コマンド

コマンド

目的

get_cluster_nodes

指定された CUCM クラスター (エイリアス) のすべてのノードに関する情報を収集し、データの JSON ファイルを指定されたサービス要求にコピーします。

get_cucm_device_information

指定された CUCM (エイリアス) に登録されたデバイスに関するリアルタイムの情報を収集し、データの JSON ファイルを指定されたサービス要求にコピーします。 入力パラメーターの詳細については SelectCmDevicehttps://developer.cisco.com/docs/sxml/#!risport70-api-reference/risport70-api-referenceで参照してください。

get_certificates

指定された発行者 (エイリアス) の CUCM データベースからパブリック証明書を収集し、データの JSON ファイルを指定されたサービス要求にコピーします。 このコマンドをサブスクライバー ノードで実行する必要はありません。

set_service_log_level_all_nodes

指定された CUCM 発行者(エイリアス)の特定のサービスに、指定されたログ レベルを適用します。 このコマンドをサブスクライバー ノードで実行する必要はありません。 このコマンドはデータを返しませんが、サービス要求を指定する必要があります。

表 4. Expressway コマンド

コマンド

目的

start_diagnostic_logs

オプションで pcap ファイルも含めて、指定された Expressway(エイリアス)の診断ログを開始します。

stop_diagnostic_logs

指定された Expressway (エイリアス)の診断ログを停止します。

collect_diagnostic_logs

診断ログを開始して終了した後、このコマンドは、指定された Expressway(エイリアス)からの結果の診断ログを収集し、データを指定されたサービス要求にコピーします。