概要

Control Hub の自動プロビジョニング機能を使用すると、管理者の介入なしに、専用インスタンスでの通話のために Unified CM のユーザーのデバイスをセルフ プロビジョニングできるようになります。 この機能により、Unified CM のユーザーに複数のデバイスをオーバープロビジョニングするのを防ぐことができ、パーソナル デバイスを変更するたびに管理者に連絡する必要がなくなります。 Webex Calling (Unified CM) でプロビジョニングされたユーザーが、登録済みのメール アドレスまたはユーザー ID を使用して Webex アプリにサインインすると、デバイスが Unified CM で自動的に作成されます。

管理者は、組織内のユーザーの Webex アプリ デバイスを事前プロビジョニングする目的で、Unified CM にアクセスする必要はありません。 ユーザーが任意のデバイスで Webex アプリに初めてサインインし、そのデバイスが Unified CM サーバーにない場合、新しいデバイス タイプがそのユーザー向けに自動で作成されます。

この機能により、ユーザーがさまざまなデバイス プラットフォームから Webex アプリにサインインする際、以下のデバイス タイプを Unified CM で自動プロビジョニングできます。

  • Android デバイス (ボット)

  • Chromebook/iPad デバイス (タブ)

  • Windows/MAC デバイス (CSF)

  • iPhone デバイス (TCT)

自動プロビジョニング設定

ユーザーのデバイス タイプを、組織レベルおよびユーザーの通話設定レベルで自動プロビジョニングするよう選択できます。


Unified CM での Webex アプリ デバイスの自動プロビジョニングは、Webex アプリ バージョン 41.12 からサポートされています。

組織設定

  1. Control Hub (https://admin.webex.com),) の顧客ビューから[サービス] > [Calling] > [クライアントの設定] の順に移動します。

  2. 自動プロビジョニングを許可するデバイスを判別するためにポリシーを定義します。 以下のオプションから選択します。

    • デスクトップおよびモバイル

    • デスクトップのみ

    • モバイルのみ

    デスクトップ、モバイル、またはその両方を対象に、Webex アプリの自動プロビジョニングを設定できます。

    この設定は、Control Hub の特定のユーザーを対象に、ユーザー レベルでも変更できます。 ユーザー レベルの設定については、「ユーザー設定」を参照してください。


    Webex アプリの自動プロビジョニング機能は、組織のデフォルト レベルでの設定よりも、ユーザー レベルでの設定の方が優先されます。

ユーザー設定


Unified CM のメール ID またはメール形式のユーザー ID が、Control Hub のユーザーのメール ID と一致していることを確認してください。

  1. https://admin.webex.com, の顧客ビューから、[管理] > [ユーザー] の順に移動します

  2. 変更するユーザーを選択し、[Calling] をクリックします。

  3. [Unified Communications Manager の設定] で、ドロップダウン メニューから許可されたデバイス オプションを選択します。 デフォルトのデバイス タイプはデスクトップとモバイルです。

    • デスクトップおよびモバイル

    • デスクトップのみ

    • モバイルのみ

  4. Unified CM Administration ページで、ユーザーにプライマリ内線が関連付けられているかチェックします。

    ユーザーがプライマリ内線を持ち、関連付けられているデバイスを持つ場合、ユーザーにプライマリ内線を追加します。

    1. [ユーザー管理] > [ユーザー/電話の追加] > [ユーザー/電話のクイック追加] に移動します。

    2. ユーザーを検索し、[内線] 設定で内線を追加します。

自動プロビジョニングされたデバイス設定

次の表に、ユーザーが新しいモバイル デバイスまたはデスクトップ デバイスから初めて Webex アプリにログインしたときに、作成された新しいデバイスに使用されるシナリオとテンプレート設定を示します。

関連付けられたデバイス 自動プロビジョニング デバイスに使用される設定
利用可能なデバイスがありません

デバイス設定

エンド ユーザーに関連付けられているユーザー プロファイルが複数のユニバーサル デバイス テンプレート (UDT) で構成されている場合、作成される新しい Webex アプリ デバイスの設定は、次の優先順位に基づいて UDT からコピーされます。

  1. モバイル デバイスとデスクトップ デバイスに関連付けられている UDT

  2. デスクフォンに関連付けられた UDT

  3. ユーザー プロファイルで UDT が構成されていない場合は、クラスターの自動登録テンプレート (システムのデフォルト UDT) が使用されます


 

上記 3 つのオプションが利用できない場合は、デバイスの作成に失敗します。


 

標準モデル固有の電話ボタン テンプレートは、自動プロビジョニング デバイスに対して構成されます。

任意のデバイス

デバイス設定 - エンド ユーザーにデバイスが関連付けされ、別のデバイス タイプを使用して初めて Webex アプリにログインする場合、新しい自動プロビジョニング デバイス設定は、次の優先順位で既存の関連付けられたデバイスからコピーされます。

  • モバイル (TCT/TAB/BOT)

  • デスクトップ(CSF)

  • 他のすべてのデバイス


 

標準モデル固有の電話ボタン テンプレートは、自動プロビジョニング デバイスに対して構成されます。

関連付けられている既存の電話セキュリティ プロファイルに基づき、自動プロビジョニングされたデバイスは以下の新しい電話セキュリティ プロファイルのいずれかを選択します。

既存の電話セキュリティ プロファイル 自動プロビジョニングされた電話セキュリティ プロファイル名
ユニバーサル セキュリティ プロファイル (モデル依存なし) ユニバーサル セキュリティ プロファイル (モデル依存なし)
標準的なモデル固有のセキュリティ プロファイル 標準的な新モデル固有のセキュリティ プロファイル
カスタム モデル固有のセキュリティ プロファイル 標準的な新モデル固有のセキュリティ プロファイル
カスタム ユニバーサル セキュリティ プロファイル (モデル依存なし) カスタム ユニバーサル セキュリティ プロファイル (モデル依存なし)