会議電話の機能

会議電話は家庭用電話機や携帯電話よりも多くの機能を備えています。それらの機能には各種の物理ボタンやソフトキーを使用してアクセスできます。電話機の基本的なハードウェア機能の概要については、『Cisco IP 会議用電話 7832』を参照してください。

この記事では、電話機のソフトキーとユーザ インターフェイスによって電話機を操作する方法を説明します。

会議電話のメニュー操作

ナビゲーション バーを使用してメニューをスクロールできます。ナビゲーション バーの内側の [選択(Select)] ボタンを使用して、メニュー項目を選択します。

メニュー項目にインデックス番号がある場合は、キーパッドでインデックス番号を入力して項目を選択できます。

会議電話のソフトキー

ソフトキーを使用して電話機の機能を操作できます。ソフトキーは画面の下にあり、ソフトキーの上の画面に表示されている機能にアクセスできます。ソフトキーは、その時点で行っている操作に応じて変化します。

  • 7832:●●ソフトキーは、使用可能なソフトキー機能が多いことを示します。

  • 8832:のソフトキーは、より多くのソフトキー機能が利用可能であることを示します。

カンファレンス電話機の画面 (7832)

電話画面には、電話番号、アクティブ コールのステータス、ソフトキーなど、その電話機に関する情報が表示されます。スクリーンにはヘッダー行、中央セクション、フッター行の 3 つのセクションがあります。

1

スクリーンの最上部にはヘッダー行があります。ヘッダー行には現在の日時と電話番号が表示されます。

2 

電話画面の中央にはコールまたは回線に関連する情報が表示されます。

3 

画面の最下行にはソフトキーのラベルが表示されます。各ラベルは、スクリーンの下にあるソフトキー ボタンのアクションを示しています。

カンファレンス電話機の画面 (8832)

電話画面には、電話番号、アクティブ コールのステータス、ソフトキーなど、その電話機に関する情報が表示されます。スクリーンにはヘッダー行、中央セクション、フッター行の 3 つのセクションがあります。

1

スクリーンの最上部にはヘッダー行があります。ヘッダー行には現在の日時と電話番号が表示されます。

2 

電話画面の中央にはコールまたは回線に関連する情報が表示されます。

3 

画面の最下行にはソフトキーのラベルが表示されます。各ラベルは、スクリーンの下にあるソフトキー ボタンのアクションを示しています。