会議中に反応ボタンを選択すると、異なる反応を送信できます。

反応は、自分および会議に参加している他のすべての参加者に表示されますが、匿名で表示されます。 着信した反応は、画面の右側に顔文字の流れとして表示されます。



ミーティングのホストと共催者は、参加者一覧からのリアクションを有効または無効にできます。 参加者一覧に移動し、[その他 (...)] ボタンをタップし、会議中のリアクション のオンとオフを切り替えます。


  • リアクションは、スケジュールされたミーティングまたはパーソナル会議室ミーティングのどちらでも Webex Meetings で使用できます。 スペースに対するミーティングではリアクションを利用できません。

  • この機能は WBS41.6 以降で利用できます。

RoomOS 11 エクスペリエンスが有効になっている

Board および Desk シリーズでサポートされています。

会議中にリアクションが使用可能な場合は、[リアクション] ボタンを 表示 できます。 を呼び出し制御します。 反応ボタンが表示できない 場合は、[詳細(More ] ) に反応が見つかる可能性 があります。 コール制御のメニューを選択します。

リアクションをタップし、送信するボタンを選択します。 くりもじを長押しして、トーンを変更します。 デバイスがパーソナル モードの場合、選択したトーンは残ります。 共有デバイスでは、コールが終了するとそのトーンがリセットされます。



RoomOS 10 を使用

会議中にリアクションが使用可能な場合は、[リアクション] ボタンを 表示 できます。 を呼び出し制御します。 リアクションをタップし、送信するボタンを選択します。



反応ボタンが表示できない 場合は、[詳細(More ] ) に反応が見つかる可能性 があります。 コール制御のメニューを選択します。