挙手は 2 名以上の参加者のミーティングで利用できます。 Webex スペースから開始されたミーティングでは利用できません。

挙手すると、Webex アプリおよびこの機能をサポートするデバイスで見えるようになります。 Webex アプリから誰かが挙手をした場合も確認できます。

1

ミーティングで、通話コントロールの [反応] ボタン を選択し、[挙手] を タップします

RoomOS 11 経験を有効にすると、絵文字を長押しして、トーントーンを変更できます。 お使いの端末がパーソナルモードの場合、選択したトーンがそのまま残ります。 共有デバイスで、通話が終了するとトーンがリセットされます。

[反応] ボタンが表示しない場合 、反応は通話コントロールの [詳細] メニューに表示される場合があります。

ミーティングの全員には、誰かが挙手をしたという画面の通知が表示されます。 最初の挙手にフルネームの通知が表示されます。



その後、[挙手] アイコン 挙手をした数を示します。

タッチスクリーンが統合されたデバイスでは、[挙手] アイコンをタップして参加者リストを開き、挙手をした人を確認できます。 他のデバイスで、Touch 10 または Room Navigator から参加者リストを開きます。 リストの一番上で手を上げた参加者が新順で表示されます。そうすると、誰が最初に挙手をしたのか容易に分けることができます。



2

手を下げるには、[反応] ボタンを選択し、[手を下げる] をタップします。 これはまた、自分の名前の隣の参加者リストからアイコンを削除します。