図 1:クラウドに接続された UC の導入

クラウド接続 UC (CCUC) は、オンプレミスの UC と Unified CM のクラウド サービスを管理するための、グローバルな単一ビューの Cisco Webex クラウド サービス スイートです。CCUC は、オンプレミスの Unified CM 導入用の効率的なクラウドベースの管理サービス製品です。分析、アップグレード、およびトラブルシューティングに使用できる中央集中型のクラウドベースのツールを提供します。これにより、顧客は Cisco Webex Cloud の利点を活用しながら、重要な通話ワークロードをオンプレミスで維持できます。

お客様は、コントロール ハブ上の UC 管理サービスに登録できます。お客様は、Webex Control Hub にアクセスして、単一のグローバルビューを取得し、Cisco Cloud サービスをサポートする単一の操作コントロールパネルからオンプレミス UCM ネットワーク全体をホストできます。CCUC は、Unified CM と Unified CM Cloud の両方の導入で、複数のクラスタを管理するのに役立ちます。CCUC は、テレメトリデータを Cisco Webex クラウドに送信する個々の UCM アプリケーションにインストールされたプラグインでこれを実現します。プラグインは、オンボーディング時に Webex クラウドに登録され、Cisco Webex Common Identity フレームワークを使用してクラウドに認証されます。これらのプラグインに対する後続の更新は、クラウドを介して自動的に管理されます。

導入された Unified CM Management プラグインは (設定されたプロキシ経由で) クラウドとやり取りし、テレメトリ モジュールをダウンロードしてインストールします。その後、テレメトリ モジュールがアクティブ化され、認証されます。これは、オンプレミスのデバイスから遠隔操作のデータを照合し、CCUC Analytics UI がデータに直接アクセスする CCUC Cloud にデータを送信して、その結果、その説明が生成され、UI 上にグラフが表示されます。

CCUC はキャパシティプランニングとリソースの最適化に不可欠なビジネス指標を提供します。エンドツーエンドのトラブルシューティングや、アップグレードの変更管理タスクのための自動化されたワークフローを提供します。これは、システム管理者がサービス関連の重要業績評価指標 (KPI) を維持および伝達するのに役立ちます。

CCUC の順序については、次の場所にある 『シスコ コラボレーション フレックスプラン 注文ガイド』を参照してください。

https://www.cisco.com/c/en/us/products/collateral/customer-collaboration/guide-c07-740917.html

次の作業