2022 年 3 月 31 日

このリリースでは、次の新しい移行機能を利用できます。

一般的なデバイスおよびクライアントから個人の連絡先をインポートします。

この機能は、ユーザの連絡先を Webex パーソナル連絡先(連絡先サービス)データベースにインポートするための一般的なメカニズムを提供します。 これは一般的な方法で、連絡先のソースは、オンプレミスの導入、クラウドと競合するコンタクト システム、または新しい WEBEX CALLING からのものまでです。 このシナリオでは、パーソナル連絡先のインポート ケースをサポートし、移行のシナリオを示 Unified CM。

詳細については、「サードパーティソースからの 個人連絡先のインポート」を参照してください

電話機をアプリケーションに移行 Webex Calling

Cisco マルチプラットフォーム フォン(MPP)ファームウェアは、Cisco IP Phone 6800、7800、および 8800 シリーズの特定のモデルで実行できます。 ただし、MPP ファームウェアまたはエンタープライズ ファームウェアを実行できる機能を備えるのは、Cisco IP Phone 7800 および 8800 シリーズのみです。 適切なライセンスがある場合は、Cisco IP Phone 7800 および 8800 シリーズの MPP ファームウェアまたはエンタープライズ ファームウェア間で移行できます。

詳細については、「Webex Calling への電話機の移行」を参照してください。

2021 年 12 月 13 日

[通話用 Webex アプリの自動プロビジョニング(Webex)(Unified CM) この機能により、ユーザは Control Hub からの導入への介入が 0 または最小で、Webex(Unified CM)で Calling in Webex(Unified CM)用のデバイスをセルフプロビジョニングできます。 Webex(Unified CM)の通話用にプロビジョニングされたユーザが、登録済みの電子メール アドレスまたはユーザ ID で Webex アプリにサインインすると、デバイスは Unified CM に自動的に作成されます。

詳細については、「通話用アプリの自動プロビジョニング(Webex イン コール(Webex)(Unified CM)。

2021 年 12 月 3 日

このリリースでは、次の新しい移行機能を使用できます。

パーソナル連絡先の移行と Webex

この機能は、エンド ユーザの Jabber のカスタム連絡先を、個人用の連絡先 Webex するのに役立ちます。 詳細については、「パーソナル連絡先のドメインへの移行」を Webex

2021 年 11 月 19 日

クラウドに Unified CM UC を使用したコールシグナリング Webex 関するトラブルシューティング: 読み取り専用の管理者または完全な管理者またはサポート管理者の場合は、Control Hub に表示されるトラブルシューティング情報を使用して、ユーザが発生する Unified CM コールシグナリングの問題の根本原因を特定できます。

詳細については、「クラウドに接続された UC を使用した Unified CM コールシグナリングの問題 Webex トラブルシューティング」を参照してください

2021 年 11 月 9 日

管理者の役割をサポート: サポート管理者としてログインしたユーザは、Control Hub の [分析とトラブルシューティング(Analyticsand Troubleshooting) セクションで接続 UCタブを表示す事が可能です。

詳細については、「組織アカウント ロールの割り当て(Assign Organization Account Roles in Cisco Webex Control Hub。

2021 年 9 月 23 日

このリリースでは、次の新しい分析機能を利用できます。

ユーザ フィルタ分析と新しいグラフ:

ユーザ ID、URI、電話番号などのユーザフィルタを使用して、Analytics のさまざまなグラフをフィルタ処理できます。 この情報は、サービスエクスペリエンスおよびアセット使用状況のグラフでダウンロードしたデータでも使用できます。 Analyticsで 、電話番号および電話履歴のグラフがサポートできるようになりました。

詳細については、「Webex クラウド接続 UC の分析」を参照してください。

2021 年 9 月 8 日

Operations Dashboard と Web ベースのリアルタイムモニタリング ツール(RTMT):

操作ダッシュボードは、過去 1 時間のオンプレミスネットワークで発生したコールを把握し、Web ベースのリアルタイム監視ツール(RTMT)の起動ポイントとしての機能を提供します。

ネイティブ RTMT の主な機能を備える Web ベースの RTMT を利用できます。 Web RTMT アプリケーションを使用すると、オンボードした Unified CM、IM and Presence、Cisco Unity Connection クラスタのリアルタイム動作を監視できます。

詳細については、「オペレーション ダッシュボード」を参照してください。

2021 年 9 月 1 日

このリリースでは、次の新しい移行機能を利用できます。

Unified CM から Webex への移行

この機能は、ユーザ、デバイス、番号、場所の Unified CM 設定を Webex Calling に移行し、ユーザエクスペリエンスを向上するのに役立ちます。 詳細については、「アプリケーションの移行」Unified CM 参照 Webex

ユーザまたは連絡先の Webex への移行

この機能は、Unified CM のユーザまたは連絡先を Control Hub に移行するのに役立ちます。 ディレクトリ同期または手動の CSV ファイルエクスポート手順のいずれかを使用しない場合は、この移行ツールを使用します。 詳細については、「ユーザまたは連絡先の Webex への移行」を参照してください。


このリリースでは、連絡先の同期はサポートされていません。

2021 年 8 月 11 日

Certificate Management UC Webex UC 内の接続: この機能は、展開環境の Cisco Unified Communications Manager、IM and Presence、Cisco Unity Connection、および Cisco Emergency Responder クラスタの証明書を中央で管理するのに役立ちます。ハブを制御します。 詳細については、「クラウド接続 UC Certificate Management UC の Webex 参照してください

2021 年 8 月 3 日

このリリースでは、次の新しい移行機能を使用できます。

次の方法で電話機を Webex Calling。 この機能は、Control Hub から新しい自動デバイス ファームウェア移行を提供することで、企業のデバイスをクラウドに移行するのに 役立ちます。 詳細については、「Webex Calling への電話機の移行」を参照してください。

2021 年 6 月 18 日

このリリースでは、次の新しい分析機能を利用できます。

  • トラフィック分析: この機能を使用すると、コール トラフィックの場所とコール トラフィック分析に関連するグラフを表示できます。

  • 容量分析: この機能により、トランク使用量に関連するグラフの表示が可能です。

2021 年 5 月 4 日

このリリースでは、次の新しい分析機能を利用できます。

  • 組織Webex クラウド接続 UC をアクティブ化します。 Control Hub から既存の組織Webex UC を使用して、クラウド接続 UC をシームレスにアクティブまたは有効化できます。 このオプションは、オンプレミスの Unified CM を使用しているお客様の組織でのみ使用できます。 ホストされたコラボレーションソリューション(HCS)や UCM Cloud など、クラウドでホストされる Unified CM を使用している組織では利用できません。

    詳細については、「組織の Webex クラウド接続 UC のアクティブ化」を参照してください。

  • Webex UC モジュールのアップグレード: クラスタ レベルの Webex UC のソフトウェア バージョンを自動的にアップグレードします。 これにより、すべてのノードが常に同じソフトウェアバージョンを実行しています。

    詳細については、「オンプレミス デバイス用の Webex クラウド接続 UCのセットアップ」の「Webex UC モジュール のアップグレード スケジュールのセットアップ」を参照してください

2021 年 4 月 23 日

このリリースでは、次の新しい移行機能を利用できます。

  • Jabber の移行を計画します。 Migration Insights を使用して、Jabber のオンプレミス導入からクラウド導入への移行を計画します。 これにより、ユーザの既存のオンプレミス導入サービスに関する必要な情報を収集できます。 また、インスタントメッセージングおよびプレゼンス機能と Jabber 機能のリストを表示することもできます。移行後に Webex アプリに移行するときに、直接マップする場合とマップしない場合があります。 これらのインサイトは、クラウドへの移行のためのタイムラインを効果的に計画し、構築するのに役立ちます。

    詳細については、「Jabber 移行の計画」を参照してください。

  • Jabber を新しいアプリWebex移行します。 Control Hub の移行ウィザードを使用して、Cisco Jabber コーリング サービスを持つ Unified CM をアプリに Webex します。 移行後も、Webex アプリ内の既存の Cisco Jabber call の制御オプションを使用できます。 Webex アプリは、ユーザに簡単に操作できるエクスペリエンスを提供し、通話、メッセージの送信、ファイルの共有、ミーティングのスケジュール設定、可用性のステータスの表示など、さまざまな操作を行うことができます。

    詳細については、「Jabber Users と Webex クラウド接続 UC to Webex アプリの移行」を参照してください 。

2021 年 4 月 5 日

このリリースでは、次の新しい分析機能を利用できます。

2020 年 12 月 18 日

このリリースでは、次の新しい分析機能を利用できます。

  • ユーザ インターフェイスの更新: 概要ページ レイアウトを 変更 しました。 メインの サービス エクスペリエンス カード と アセット使用量カードが 1 ページに表示されます。 また、新規ユーザインターフェイス機能も利用できます。以下のセクションで説明します。

  • グラフの非表示と非表示の解除: 現時点では不要または関連しないグラフを非表示にできます。 以前非表示にしたグラフを非表示にすることもできます。 これにより、カードの表示を個人用に設定できます。

  • グラフ シーケンスの順序の変更: 概要ページと詳細ページの両方で、チャートのシーケンスを縮小できます。 これにより、カードの表示を個人用に設定できます。

  • 欠損データに関する情報を表示: いくつかの遠隔測定データが失われると、分析グラフに不完全なデータが表示される場合があります。 グラフに欠落しているデータがある場合、データの損失は、[分析]ページの期間選択ドロップダウンリストの右側に表示される稲妻アイコンによって示されます。

  • サービス エクスペリエンス グラフのその他のフィルタ: サービス エクスペリエンス グラフの [詳細 ] ページで、さらに多くのフィルタを利用できます。

    通話音量ステータスのグラフで使用可能な追加のフィルタは次のとおりです。

    • エンドポイント メディア機能

    • エンドポイント シリーズ

    • 通話失敗分析

    • [デバイス プール(Device Pool)]

    • CAC の場所

    • [物理ロケーション(Physical Location)]

    • コーデック

    • モデル別ヘッドセット

    通話音量品質グラフで使用可能な追加のフィルタは次のとおりです。

    • エンドポイント メディア機能

    • エンドポイント シリーズ

    • [デバイス プール(Device Pool)]

    • CAC の場所

    • [物理ロケーション(Physical Location)]

    • コーデック

  • 資産使用グラフのその他のフィルタ: 資産使用量グラフの詳細ページで、より多くのフィルタを利用できます。

    通話数グラフで使用可能な追加フィルタは次のとおりです。

    • エンドポイント メディア機能

    • エンドポイント シリーズ

    • [デバイス プール(Device Pool)]

    • CAC の場所

    • [物理ロケーション(Physical Location)]

    • モデル別ヘッドセット

    通話期間グラフで使用可能な追加フィルタは次のとおりです。

    • エンドポイント メディア機能

    • エンドポイント シリーズ

    • [デバイス プール(Device Pool)]

    • CAC の場所

    • [物理ロケーション(Physical Location)]

    • モデル別ヘッドセット

  • エンドポイントの利用 方法のグラフ: [資産使用量 ] カテゴリ に、エンドポイントの適用に関する概要および詳細なグラフが 追加されています。 これらのグラフは、通話中のエンドポイントの利用を理解するのに役立ちます。

  • ヘッドセットの接続 方法のグラフ: [資産使用量 ] カテゴリ に、ヘッドセットの使用に関する概要と詳細なグラフが 追加されています。 これらのグラフは、通話中のヘッドセットの利用を理解するのに役立ちます。

  • HTTP プロキシ認証: Webex UC サービスが認証済みの HTTP プロキシをサポートする。 サポートされるプロキシ認証スキームは、[基本] と [ダイジェスト]です。

  • エラーレポートと警告レポート: オンプレミスのインフラストラクチャで発生し、クラウド接続 UC サービスのスムーズな機能に影響する Webex を表示できます。 これらの問題により、遠隔使用データが失われる、データの遅延、または誤ったデータが分析グラフに表示される可能性があります。 問題の深刻度に基づいて、エラーまたは警告として分類されます。 この種のレポートを使用すると、Webex クラウド接続 UC サービスに送信されるデータに影響するオンプレミスの問題を修正するために必要なアクションを実行し、情報に基づいた決定を行うことができます。

  • クラスタ グループとクラスタの削除: Control Hub から、クラウドに接続する必要がなくなるクラスタ グループまたはクラスタのいずれかを削除できます。 これにより、クラウドに接続するインフラストラクチャを効率的に管理できます。