Cisco Webex Video Integration for Microsoft Teams または WebRTC を使用して、Webex デバイスから Microsoft Teams のミーティングに参加できます。 これはシステム管理者によって設定され、使用している Webex デバイスのタイプによって異なります。

これらの機能はミーティング中は使用できません。

  • ワイヤレスでの共有

  • 双方向ホワイトボード

  • 一方向ホワイトボードは DX70 および DX80 では使用できません

  • 遠端カメラ制御

One Button to Push で参加する

カレンダーサービスが有効になっているデバイスでは、One Button to Push を利用できます。 ユーザーが Microsoft Teams のミーティングをスケジュールし、Webex デバイスを含めると、ミーティングが始まる直前にデバイスに参加ボタンが表示されます。 [参加] をタップするだけでミーティングに参加できます。



ミーティングに参加すると、Webex デバイスに Microsoft Teams からのビデオストリームが最大 2 つの画面に表示され(レイアウトは、 均等、オーバーレイ、強調、アクティブなスピーカー)、通話コントロールも表示されます。 誰がミュートされているかがわかる参加者リストを利用できます。 ミーティングがレコーディングされている場合、レコーディングインジケータが画面に表示されます。

プレゼンテーションが共有されると、デバイスにプレゼンテーションが表示されます。 画面上で共有されるコンテンツはインタラクティブではありません。

ミーティングにダイヤルインで参加する

Cisco Webex Video Integration for Microsoft Teams が有効になっている場合、メールの招待状にはビデオ会議デバイスで参加するためのコールイン情報が含まれています。

VTC 会議 ID を含む SIP ビデオアドレスをダイヤルするか、短い SIP ビデオアドレスを入力して、招待メールの下部にある指示に従います。 短い SIP ビデオアドレスをダイヤルすると、デバイスに VTC 会議 ID を入力して、ミーティングに参加できるようになります。



ミーティングに参加すると、Webex デバイスに Microsoft Teams からのビデオストリームが最大 2 つの画面に表示され(レイアウトは、 均等、オーバーレイ、強調、アクティブなスピーカー)、通話コントロールも表示されます。 誰がミュートされているかがわかる参加者リストを利用できます。 ミーティングがレコーディングされている場合、レコーディングインジケータが画面に表示されます。

プレゼンテーションが共有されると、デバイスにプレゼンテーションが表示されます。 画面上で共有されるコンテンツはインタラクティブではありません。