ワークスペースの履歴データ ページで、過去 24 時間、7 日間、30 日間の傾向を確認できます。 過去 2 時間の生データも確認できます。 この情報は、次のために使用できます。

  • ユーザーの音声体験を改善するために、音声とノイズの問題に対処します。

  • 費用削減の調整を行い、資産の使用を改善します。

  • 一部のワークスペースが他のワークスペースよりも頻繁に使用されるかどうかを判断します。

  • Workspaces の実際の使用状況を、時間と回数で判別します。


ワークスペースの履歴データでは、EU のデータ保管場所を持つ顧客は、現在利用できません。

サポートされている製品

Room シリーズ

Board シリーズ

Desk Pro

MX および SX シリーズ

温度

Room Navigator の場合

Room Navigator の場合

x

-

相対湿度

Room Navigator の場合

Room Navigator の場合

x

-

音量と周囲ノイズ レベル

x

x

x

-

プレゼンス

x

x

x

-

占有中

x

x

x

SpeakerTrack 60 の場合

エアの品質

Room Navigator の場合

Room Navigator の場合

もうすぐ完成

-


サポートされているデバイスにセンサーがあるが、ワークスペースではなくユーザーに割り当てられている場合、データは収集されません。

使用可能なセンサーとそれらを有効にする方法

占有中: RoomAnalytics > PeoplePrecenseDetector: オン

  • デバイスは超音波を使用して、ワークスペースのユーザーを検出します。 最初のユーザーが入室するか、最後のユーザーが会議室を退出した場合、超音波キャンセラーの出力レベルの変更トリガーされ、会議室が占有されているか、空きがある状態になります。

定員: RoomAnalytics > PeopleCountOutOfCall: オン

  • デバイスでは、ワークスペース内のユーザー数を検出して、定員を計算します。 カメラは、コール中、および設定されている場合は通話外にいる人の数を追跡します。

音量: RoomAnalytics > AmbientNoiseEstimation > モード: オン

  • 音量では、ワークスペースの現在の音量を表示します。

    ノイズ レベルは、周囲ノイズ予測センサーがオンになっている場合にのみ報告されることに注意してください。

周囲ノイズ: RoomAnalytics > AmbientNoiseEstimation > モード: オン

  • 周囲ノイズ レベルは、デバイス音響エコー キャンセラーの一部である定置ノイズ削減アルゴリズムに基づきます。

温度: 常に有効にする

  • 温度センサーには摂氏 0~35 度の動作範囲 (華氏 32 ~95 度) があります。 ワークスペースにデバイスを配置すると、報告された温度に変動が生じかねない場合があります。

相対湿度: 常に有効にする

  • 動作範囲が 20%~90% の範囲の相対湿度によって報告されます。 センサーの精度は +/- 10% です。

エアの品質: 常に有効にする

  • Volatile Organic Compound センサ(TVOC)は、環境の室内エア品質を測定します。 これは、例えば、溶剤、煙、人間の呼吸などによって放出されるガスの有無と量を測定します。 TVOC 値は、Umweltbundesamt agency (VOC) の定義に基づいた全般的な指標を表示します。 例えば、ワークスペースで換気の改善が必要かどうかを判断するために、エア品質情報を使用できます。

  • センサが新しい場所で安定化するまでに 72 時間かけることをお勧めします。 また、より長い時間、デバイスをオフにするときには、センサーも安定させる必要があります。

Workspaces の履歴データにアクセスする

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ワークスペース] に移動し、ワークスペースを選択します。

[リアルタイムの利用メトリック] または [リアルタイムの環境メトリクス] に進み、[詳細の表示] をクリックします。

このページで、利用状況と環境メトリックスの間で切り替えできます。 右上隅のドロップダウン メニューから、過去 24 時間、7 日、30 日の間の傾向を選択できます。 過去 2 時間の生データも確認できます。 温度データについては、華氏と摂氏の間で変更できます。

[インサイト] セクションでは、選択した期間の平均、最小、および最大の読み取り値を見できます。 変更率は前回選択した期間との比較を示します。 また、同じ会議室タイプのすべてのワークスペースの平均、最小、および最大数を確認して、このワークスペースとそれを比較する方法を確認することもできます。

グラフ上にカーソルを合わせると、その時点からの詳細情報を確認することができます。

右隅にあるダウンロード アイコンをクリックすると、グラフの情報を CSV ファイルとしてエクスポートできます。

環境メトリックスのしきい値

3 つの環境メトリックスすべてについて、色コードしきい値は、読み取りがどこにあるのか一目で確認できるようにします。

温度、相対活動、および音声レベルのしきい値は、世界中の広範な調査と構築技術企業とのコラボレーションに基づいております。


しきい値を調整することはできません。また、変更される可能性があります。

しきい値の色コード:

  • 緑: 素晴らしいまたは良い

  • 黄: 受入可能

  • 赤; 劣っている

レベルは優れているとみなされました:

  • 温度: 摂氏 21~25 度/華氏 68~77 度

  • 相対湿度: 30~60 %

  • 周囲ノイズ: 0~40 dBA

  • エア品質: TVOC 指標 < 2.99

これらの値への変更は 5 分おきに報告されます。