ワークスペースの履歴データページで、過去24時間、7日、および30日の傾向を表示できます。過去2時間の生データも表示できます。この情報は、次の場合に使用できます。

  • ユーザの音声エクスペリエンスを向上させるために、音とノイズの問題に対処します。

  • コスト削減の調整を行い、不動産の使用を改善します。

  • 一部のワークスペースが他のワークスペースよりも頻繁に使用されるかどうかを判別します。

  • 時間と数の両方で、実際のワークスペースの使用状況を決定します。


現在、ワークスペースの履歴データは、EU 内にデータの場所を持つユーザは使用できません。

サポート対象製品

Roomシリーズ

ボードシリーズ

デスクシリーズ

MXおよびSXシリーズ

温度

Room Navigator付き

Room Navigator付き

x

-

相対湿度

Room Navigator付き

Room Navigator付き

x

-

音と環境のノイズレベル

x

x

x

-

プレゼンス

x

x

x

-

占有率(Occupancy)

x

x

x

SpeakerTrack 60付き


サポートされているデバイスにセンサーがあるが、ワークスペースではなくユーザに割り当てられている場合、データは収集されません。

使用可能なセンサーとそれらを有効にする方法

使用中: RoomAnalytics > PeoplePrecenseDetector: On

  • デバイスは、ワークスペースの人を検出するために超音波を使用します。最初の人が入ったか、最後の人が去ると、超音波エコーキャンセラーの出力レベルの変化により、部屋が使用中または空いているというイベントがトリガーされます。

利用者: RoomAnalytics > PeopleCountOutOfCall: On

  • デバイスは、作業スペース内の人数を検出して、占有率を計算します。カメラは、通話中に、または設定されている場合は通話外にユーザの数を追跡します。

音レベル: RoomAnalytics > AmbientNoiseEstimation > Mode: On

  • 音のレベルは、作業スペース内の現在の音のレベルを表示します。

    音レベルは環境ノイズ推定センサーがオンの場合にのみ報告されます。

環境ノイズ: RoomAnalytics > AmbientNoiseEstimation > Mode: On

  • 環境ノイズレベルは、デバイスの音響エコーキャンセラーの一部である固定ノイズ除去アルゴリズムのノイズ推定に基づいています。

温度: 常に有効

  • 温度センサーの動作範囲は摂氏0~35 度 (華氏32~95度) です。デバイスをワークスペースに配置すると、レポートされる温度に変化が生じ得る場合があります。

相対湿度: 常に有効

  • 湿度センサーは、20~90% の範囲の動作範囲の相対温度を報告します。センサーの精度は±10%です。

ワークスペースの履歴データへのアクセス

https://admin.webex.comのカスタマービューから [ワークスペース] に移動し、ワークスペースを選択します。

[リアルタイムの使用率指標 (Real-Time Utilization Metrics)] または [リアルタイムの環境指標 (Real-Time Environmental Metrics)]のいずれかに移動して、[詳細の表示]をクリックします。

このページでは、使用率と環境の指標を切り替えできます。右上隅のドロップダウンメニューから、過去24時間、7日、または30日の傾向を選択できます。過去2時間の生データも選択できます。温度データについては、摂氏と華氏間で変更できます。

[インサイト (Insights)]セクションでは、選択した期間の平均測定値、最小測定値、最大測定値を確認できます。割合の変化は、選択した前の期間との比較を示します。また、同じルームタイプのすべてのワークスペースの平均、最小値、および最大値を表示して、特定のワークスペースと他のワークスペースを比較することもできます。

グラフの上にマウスのカーソルを合わせると、その特定の時点から詳細な情報を表示できます。

グラフから情報をCSVファイルとしてエクスポートするには、右側のダウンロードアイコンをクリックします。

環境指標のしきい値

3つの環境指標すべてについて、読み取り値を一目で確認しやすくするために、色分けされたしきい値があります。

温度、相対湿度、および音のレベルのしきい値は、世界各国の広範な調査と建築技術企業との提携に基づいています。


しきい値は調整できず、変更される場合があります。

しきい値の色:

  • 緑: 優れている

  • オレンジ: 許容可能

  • 赤: 悪い

優れていると見なされるレベル:

  • 温度: 摂氏 21~25度/華氏68~77度

  • 相対湿度: 30~60%

  • 環境ノイズ: 0 ~ 40 dBA

これらの値の変化は、5 分ごとにレポートされます。