Cisco Webex Board に自動接続

Cisco Webex Board に近付くと、 自動的に Cisco Webex Teams チーム アプリに接続し、 メッセージを表示します。入室時に Board がスリープ モードにある場合、 プレゼンスを検出してスリープを解除します。

Board に接続している場合、 次の操作を実行できます。

  • 遠隔操作による Board 上でのプレゼンテーション。

  • アプリからの遠隔操作による Board 上での通話。

  • Board 上でスペースを開く。



Board 名がスペース一覧に表示されている場合は、 アプリが接続されています。デスクトップ アプリでは、 Board 名がスペース一覧の一番下に表示されます。モバイル アプリでは、 Board 名がスペース一覧の一番上に表示されます。

アプリでは超音波により Webex Boards を検出します。この検出機能は、 ほとんどのデバイスで動作します。ただし超音波は壁を通過しないため、 物理的に Board と同じ部屋にいる場合にのみ検出機能を使用できます。


  • 自動接続が無効になっている場合はアプリ上で有効にしてください。デスクトップアプリでは設定、モバイルアプリでは詳細設定で確認できます。

  • iPhone、 iPad、 Android で、 [デバイスの検出(Discover Devices)] が起動されていることを確認します。

  • モバイル デバイスでの録音を可能にします。

  • 正常に接続させるため、 超音波を使用するデバイスは 1 部屋に 1 台のみ設置してください。

アプリで自動接続を有効にしても Board に接続されない場合は、 Board を手動で検索できます。手動で検索する方法については、 本記事内の関連セクションを参照してください。

Cisco Webex Board で画面を共有する

1

Mac または Windows のアプリが Webex Board に接続している場合、 スペース一覧の下部にあるデバイス名をクリックします。スクリーンの共有をクリックします。

2

画面全体を共有するのか、 開いているアプリケーションを 1 つだけ共有するのかを選択します。

3

共有を停止するには、 ラップトップ画面の一番上にある [共有の停止(Stop Sharing)] ボタンをクリックします。

Cisco Webex Board 上のスペースからコールを開始する

1

Cisco Webex Teams アプリからスペースを選択します。

2

を選択してアクティビティ メニューに移動します。

3

を選択します。

4

Webex Board に接続している場合、 [ビデオで開始(Start with video)] を選択してそのスペース内のユーザとコールを開始します。または [その他のオプション(More options)] を選択すると以前接続したデバイスのリストが開かれ、 ボードを検索することができます。コールに使用するボードを選択します。

一覧に Board がない場合は、 スペース一覧の下部にある [デバイスへの接続(Connect to a device)] を選択します。続けて、 接続する Board を検索するか、 候補の中から Board を選択します。

アプリから Cisco Webex Board でコールを開始する

1

Cisco Webex Teams アプリの左側のペインで、 を選択します

最近および不在着信のリストを表示できます。

2

名前または電子メール アドレス、 またはダイヤル パッドの上のビデオ アドレスを入力します。ダイヤル パッドを使用して番号を入力することもできます。

3

ドロップダウン リストから Cisco Webex Board を選択します。

一覧に Board がない場合は、 スペース一覧の下部にある [デバイスへの接続(Connect to a device)] を選択します。続けて、 接続する Board を検索するか、 候補の中から Board を選択します。

4

を選択して、 選択したボードでコールを開始します。

手動接続

デバイスが自動的に Webex Board に接続しない場合は、 デバイスのリストにボードを追加して手動で選択することができます。

接続するボードを選択するには、 スペース リストの一番下にある [デバイスへの接続(Connect to a device)] を選択します。提示されたボードのいずれかを選択するか、 [デバイスの検索(Search for a device)] を選択して特定のボードを検索します。


  • 手動で接続するときは、 ボード上でスペースを開くことはできません。ボード上の画面の共有またはボードを使用して発信のみできます。

  • 手動接続は、 Windows または Mac でのみ動作します。

  • 自分の組織のボードには手動でのみ接続できます。