1

Webex サイトにサインインし、[基本設定] > [マイ パーソナル会議室] に移動します

[マイ パーソナル会議室] タブ
2

パーソナル会議室の名前を編集するには、新しい名前を入力してください。

パーソナル会議室の名前は 1~128 文字にする必要があります。

3

パーソナル会議室のリンクを編集するには、新しい ID を入力します。

パーソナル会議室リンクには、以下の要件があります。

  • 1~64 文字の長さにする必要があります。

  • 少なくとも 1 文字以上の英字が含まれている必要があります。

  • ハイフン(-)、ピリオド(.)、または下線(_)を除く記号または特殊文字を含めることはできません。

  • サイトで他のユーザーが既に使用しているものは使用できません。


 

パーソナル会議室 ID を変更する場合、以前スケジュールしたパーソナル会議室のミーティングを更新し、新しいパーソナル会議室 URL を使用してください。 以前の URL は使用できません。

4

主催者 PIN には記憶しやすい数字を入力します。

主催者 PIN は 4 桁の数字にする必要があり、繰り返しまたは連続した数(1111、1234 など)にすることはできません。 主催者 PIN は、新しい 4 桁の数字を入力して後から変更できます。

5

ミーティング開始後にパーソナル会議室を自動的にロックするには、[自動ロック] をオンにし、分数を指定します。

0 分、5 分、10 分、15 分、20 分に設定できます。 ミーティングがロックされると、出席社は承認されるまで、ミーティングの参加を待たなければなりません。

6

[通知] の場合、[退席中に誰かがパーソナル会議室のロビーに入ったらメールで知らせる] をオンにすると、誰かがパーソナル会議室に入室したときに通知メールを受け取ります。

7

[共同主催者] では、[パーソナル会議室のミーティングで共同主催者を許可する] をオンにします。

別のユーザーまたはビデオ デバイスにパーソナル会議室のミーティングの共同主催を許可する場合、次のいずれかのオプションを選択します。

  • マイパーソナル会議室のミーティングの共同主催者を選択する

  • このサイトの主催者アカウントを持っていて、最初にマイパーソナル会議室のミーティングに参加した人が共同主催者になります

  • このサイトの主催者アカウントを持っているすべての出席者は、マイパーソナル会議室のミーティングに参加すると共同主催者になります

    共同主催者を指定するには、カンマまたはセミコロンで区切ってメール アドレスを入力します。

8

[コンテンツの共有]では、[マイ パーソナル会議室でのコンテンツ共有を誰にでも許可] をオンまたはオフにします。

サイトで有効にすると、パーソナル会議室のミーティング中にユーザーによるコンテンツ共有を許可または防止することができます。

9

出席者をミュートするには、次のオプションのいずれかを選択してください。

  • 主催者と共同主催者に参加者のミュート解除を許可する(モデレートされているミュート解除モード)

    主催者と共同主催者は、ミュート解除のリクエストを送信することなく、参加者を直接ミュート解除することができます。 これは、41.1 以降の Webex サイトで使用できます。
  • ミーティングの出席者が各自でミュート解除することを許可

    —出席者がミーティングに参加するときにミュートを選択した場合、このオプションを選択して、ミーティング中にミュート解除することができます。

     
    出席者のミュートを解除するには、このオプションのチェックを外したままにしてください。
  • ミーティング参加時に出席者をミュート

    —ミーティング参加時に出席者を自動的にミュートします。 出席者はミーティング中に発言したい場合、挙手することができます。 詳細については、「Cisco Webex Meetings と Events で挙手したミーティングの参加者を表示する」を参照してください。
10

[保存] を選択します。

1

左のナビゲーション バーから [基本設定] を選択し、[マイ パーソナル会議室] タブを選択します。

[マイ パーソナル会議室] タブ
2

パーソナル会議室の名前を編集できます。 パーソナル会議室名は、1 ~ 128 文字でなければなりません。

3

パーソナル会議室のリンクを編集できます。 パーソナル会議室リンクには、以下の要件があります。

  • 1 か月から 64 文字までの間に設定します。

  • 少なくとも 1 文字以上の英字が含まれている必要があります。

  • ハイフン(-)、ピリオド(.)、または下線(_)を除く記号または特殊文字を含めることはできません。

  • すでに別のユーザーが使用していてはなりません。


 

パーソナル会議室 ID の変更を行い、そしてあなたのカレンダーに、以前のパーソナル会議室 URL が使用されている開催予定のパーソナル会議室のミーティングが含まれている場合、新しいパーソナル会議室 URL を使用するために、これらのミーティングを更新しなければなりません。 以前の URL は使用できません。

4

主催者 PIN は覚えやすいものに変更できます。 主催者 PIN は、4桁の数字である必要があります。1111 または 1234 のように、繰り返しまたは連続する数字にすることはできません。

5

自動ロックでは、パーソナル会議室を自動的にロックすることを選択できます。 ミーティングの開始後 0 ~ 20 分間、ミーティングを施錠するように選択してください。 ミーティングがロックされると、出席社は承認されるまで、ミーティングの参加を待たなければなりません。

6

[通知][退席中に誰かがパーソナル会議室のロビーに入ったらメールで知らせる] をオンにすると、誰かがパーソナル会議室に入室したときに通知メールが届きます。

7

[代理主催者] の場合は、[他のユーザーが自分のパーソナル会議室のミーティングを開催することを許可する] をオンにして、退席中に自分のパーソナル会議室で別の人またはビデオ デバイスがミーティングを主催できるようにします。 次に、オプションの 1 つを選択します。

  • このサイト上で主催者アカウントを持つ人、またはこの組織の Cisco Webex クラウド登録済みデバイスから参加する人に、ミーティングを主催させることを選択します。

  • 自分のパーソナル会議室のミーティングの代理主催者を選択する。


     

    パーソナル会議室ミーティングの代理主催者を選択する場合は、テキスト ボックスにメール アドレスを入力してください。 メールアドレスが複数ある場合は、カンマまたはセミコロンで区切ります。

8

[保存] を選択します。