Cisco Webex Room デバイスのある会議室に入室すると、Webex アプリと自動的に接続されます。 接続が確立されると、アプリを使って会議室または卓上デバイスでコールを開始し、画面をワイヤレスで共有することができます。

デバイス名がスペース リストに表示されているときに、アプリが接続されていることを確認できます。 デスクトップ アプリでは、スペース リストの一番下に表示されます。 モバイル アプリで、デバイスはリストの一番上に表示されます。 デバイス名と [画面共有] を選択し、他のユーザーとデスクトップの共有を開始します。



アプリで自動接続がオフになっている場合は、それをオンにします。 デスクトップ アプリの [基本設定] またはモバイル アプリの [詳細設定] の下に表示されます。

アプリをオフにするか会議室から退室すると、アプリはデバイスから自動的に切断されます。 切断には、最大で 2 分かかる場合があります。

アプリは超音波信号をリスンしたり、Wi-Fi 情報に基づいて近くのデバイスを検出することで、デバイスを検出します。 Webex 管理者が Wi-Fi を有効にしている場合、Wi-Fi 検出が機能します。

アプリと会議室または卓k上デバイスとの接続は、Windows および Mac、ほとんどの Android および iOS デバイスで利用できます。


  • アプリで自動接続がオフになっている場合は、それをオンにします。 Mac または Windows アプリの [基本設定] または iPhone、iPad、および Android アプリの [詳細設定] の下に表示されます。

  • iPhone、iPad、および Android デバイスでは録画を許可します。

  • この自動接続が正常に確立されるには、会議室内で超音波を使用している Room デバイスまたは Desk デバイスが 1 つしかないことが前提となります。