暗号化のセキュリティ レベル

Webex Teams アプリでは、ユーザーのデバイス上のメッセージ、ファイル、会議室名を、クラウドに送信する前に暗号化します。 サーバーに到達するコンテンツはすでに暗号化されています。 それはデバイスで復号されるまで、処理及び保存されます。 ただし、ボットや統合などのアプリ内オートメーション ツールにリンクされたメッセージやファイルに対して、または、Box からスペースに送信された Adobe Acrobat PDF や Microsoft Word 文書に対しては、エンドツーエンドの暗号化を提供することはできません。

当社では、ユーザーのデバイスと当社のサーバーの間で転送されるデータを暗号化するためにハイパーテキスト転送プロトコル セキュア (HTTPS) を使用しており、送信者と受信者の身元情報を保護します。

当社のエンドツーエンドの暗号化では高度暗号化標準 (AES)128、AES256、セキュアハッシュアルゴリズム (SHA)1、SHA256、RSA を使用します。

音声、ビデオおよびスクリーン共有については、共有の対象をセキュア リアルタイム トランスポート プロトコル (SRTP) で暗号化します。

Webex Teams スペースのセキュリティ機能

チームとスペースのモデレーターを使用することで、更なるセキュリティを追加できます。 チームワークが機密である場合、スペース内の調整を行うことができます。 モデレーターはスペースにアクセスできる人を管理し、ファイルとメッセージを削除できます。.

また、スペースに社外の人が含まれている場合は、境界線、背景、メッセージエリアのアイコン、メールアドレスなど、これらのスペースの一部の領域が強調表示されるようになります。

ファイルとメッセージのプライバシー

チームアプリは高度な暗号化アルゴリズムを使用し、共有および送付するコンテンツを保護します。 Webex Teams スペースのファイルとメッセージを表示できるのは、そのスペースまたは権限のあるユーザーに招待されたユーザーだけです。

パスワードセキュリティ基準

IT チームは、シングルサインオン (SSO) などの既存のセキュリティポリシーを使用する機能を追加したり、従業員のディレクトリに Webex Teams を同期したりすることができます。 Webex Teams は、誰かが会社を退職したときに自動的に認識するため、以前の従業員は Webex Teams を使用して会社データにアクセスすることができません。

また、会社のセキュリティ基準と一致するパスワードと認証を必要とするように Webex Teams を設定することもできます。 Webex Teams アプリは、Security Assertion Markup Language(SAML)2.0 および Open Authorization(OAuth)2.0 プロトコルを使用するサポートされた ID プロバイダを利用します。