Cisco Webex Room Phone は、ハドルスペースとミーティングルームの共同作業を行うことができます。電話機を使用してコールを発信、情報を共有 し、ミーティング中に共同作業を行うことができます。画面表示を接続すると、会議室内の全員と共同作業を行うことができます。

デバイスには、スリープ解除とハーフスリープの 2 つの状態があります。デバイスが 2 分間アイドル状態になると、デバイスはハーフスリープ状態に入ります。

LCD 画面に触れるときにデバイスをスリープ解除するか、コールまたはミーティングの通知を受信します。

電話機には、最大で 2 つの通話を処理する回線が 1 つあります。これは 4 つの組み込みマイクと 360 レベルの組み込みマイクを使用しているため、ユーザは最大 10 フィート (3 m) 先から明確に聞こえます 。

大規模なスペースで Cisco Webex Room Phone を使用する場合は、2 台の有線拡張マイクロフォンを検討してください。これらのマイク用アクセサリは、範囲を 20 x 34 フィート (6.1 m x 10 m)、最大 22 人に拡大します。最適な効果を得るために、携帯電話から3フィート(0.91メートル)から7フィート (2.1メートル)の間にマイクを置きます。


電話機を HDMI 表示画面に接続して、デバイスを最大限に活用するよう推奨します。 HDMI 画面またはラップトップに接続する場合に、同梱されている HDMI ケーブルのみを使用してください。他のケーブルやアダプタは使用しないでください。

図 1:Cisco Webex Room Phone
ホーム画面を使用した Cisco Webex 会議電話のトップビュー

Cisco Webex Room Phone には、電話機 の機能にアクセスできるようにするいくつかのボタンとハードウェア機能が用意されています。

次の図を使用して、電話機のボタンとハードウェアアイテムを確認してください。

図 2:Cisco Webex Room Phone の上面図
呼び出し: 番号 1 は LED バーを指します。番号 2 は有線マイクポートを指します。番号 3 はミュートキーを指します。番号 4 は音量キーを指します。番号 5 はホーム画面を指します。番号 6 はスタンドバイ LED を示しています。
図 3.Cisco Webex Room Phone の背面図
呼び出し: 番号 6 は、コンピュータ HDMI ポートを指します。番号 7 は LAN ポートを指します。番号 8 は、表示画面の HDMI ポートを指します。

次の表は、Cisco Webex Room Phone のハードウェアの機能について説明しています。

表 1Cisco Webex Room Phone のボタンとハードウェア

ハードウェア機能

目的

1. LED バー

コール状態を示します。

  • 緑、点灯:アクティブ コール

  • 緑(点滅):着信コール

  • 緑(速い点滅):保留中のコール

  • 赤、点灯:ミュート中のコール

2. 拡張マイク ポート

有線拡張マイク ケーブルはポートに差し込みます。

3.ミュート

スラッシュの入ったマイク

マイクロフォン モードのオン/オフを切り替えます。 マイク音声がミュートになっているとき、LED バーは赤色に点灯します。

電話機をミュートすると、有線拡張マイクも ミュートになります。

4.音量

左側にマイナス記号が付いた音量アイコンと右側のプラス記号 (+)

スピーカーフォンの音量を調整し、着信 通話を無音にします。

5. ホーム画面

通話 緑色の通話アイコン共有 青色の共有アイコンミーティング オレンジ色のミーティングアイコン、および Webex への参加 青色の Webex ミーティングアイコンアイコンが表示されます。設定されている機能だけが表示されます。

6. スタンバイ LED

デバイスがスタンバイ モードである場合を示します。

7. HDMI 入力ポート

電話機をコンピュータに接続します。

8. LAN ポート

電話機をネットワークに接続します。

9. HDMI 出力ポート

外部の HDMI 画面に電話機を接続します。

ネットワークの設定方法によって異なりますが、Cisco Webex Room Phone を次の 2 つのモードのいずれかで使用できる場合があります。

  • 共有モード: 作業スペースまたはルームを共有する人向け。 作業スペースの名前は電話機の左上隅に表示されます。ミーティング のカレンダーに、作業スペース用の Webex ミーティングが表示されます。

    共有モードはデフォルト モードであり、すべての人が利用できます。

  • パーソナル モード: 専用の作業スペースを持ち、パーソナル仕事用電話機が必要な人向け。 名前は電話機の左上隅に表示されます。ミーティング のカレンダーに、個人の Webex ミーティングが表示されます。

    この機能は管理者が設定している場合にのみ使用できます。個人モードが使用可能な場合は、https://settings.webex.com/ の Cisco Webex 設定から有効にします。

Cisco Webex Room Phone のホーム画面を使用すると、自分の機能に簡単にアクセスできます。

利用可能な機能は、電話機のネットワークへの接続方法によって異なります。ホーム画面にアイコンが表示されない場合は、 その機能は利用できません。

ホーム画面のアイコンを識別するには、次の図を使用します。

図 4.Cisco Webex Room Phone ホーム画面
呼び出し: 番号 1 は共有アイコンを指します。番号 2 はミーティングアイコンを指します。番号 3 は電話画面の左上隅を指します。番号 4 は、通話アイコンを指します。番号 5 は Webex の参加アイコンを指します。

次の表に、ホーム画面の機能について説明します。

表 2Cisco Webex Room Phone のホーム画面アイコン

アイコン

目的

1.共有青色の共有アイコン

[共有] をタップして、HDMI 表示画面の情報を共有します。次のいずれかのオプションを選択します。

  • Webex アプリを介して共有: お使いの Cisco Webex アプリのコンテンツを画面の表示に共有します。

  • ゲスト共有: Webex アプリまたは Webex アカウントを使用せずに情報を共有します。

  • ケーブル共有: HDMI ケーブルを使用して情報を共有します。

2.ミーティング オレンジ色のミーティングアイコン

[ミーティング] をタップして、スケジュールされた Webex ミーティングのリストを表示したり、カレンダーからミーティングに参加したりします。

3. 電話画面の左上隅

電話画面の左上隅をタップして、画面の明るさを調整、または [電話の設定] メニューにアクセスします。

電話機のステータスも表示されます。赤い点赤い点アイコンは、電話機が動作していないことを示しています。管理者による注意が必要です。

4.通話 緑色の通話アイコン

[通話] をタップして通話を発信したり、最近の通話リストを表示します。

5.Webexに参加する 青色の Webex ミーティングアイコン

Webex ミーティングに参加するには、[Webex に参加する] をタップします。

何分間も電話機を使用していない場合、省エネとデバイスの耐用年数を延ばすために スタンバイ モード になります。デバイスと HDMI 表示画面の両方がこのモードに入ります。

この機能は管理者が設定している場合にのみ使用できます。

スタンバイ モードには次の 3 つの段階があります。

  • アイドル: 電話機と表示画面の両方がスリープ解除されているが、使用中ではない。

  • 半スリープ状態: デジタル サイネージが [この機能は、管理者が設定した場合にのみ使用できます。] の場合、会社の宣伝や通知が ディスプレイ画面に表示されます。それ以外の場合は、電話画面をタップするかアクティビティを 開始するプロンプトが表示されます。

  • スリープ: 電話機と表示画面の両方が暗い。スタンバイ LED が 白く光ります。

電話機の設定に応じて、 次のいずれかの条件が発生するとスタンバイ モードになります。

  • 2 分間着信コールがない、または LCD タッチスクリーンを 2 分間 タップしていない

  • 次の 30 分間に予定されたミーティングはありません

  • ペアリングされたデバイスがありません

Cisco Unified Communications Manager (Unified CM) Calling with Cisco Webex Control Hub および Cisco Webex Calling with Control Hub の場合、管理者はスタンバイ パラメータを使用してコントロール ハブからこの機能を設定します。

デスクから離れる場合は、デバイスを スタンバイ モード にします。これにより、エネルギーを節約し、 デバイスの寿命を延長できます。

通話を受信したり、LED 画面をタッチしたりすると、電話機のスリープ状態が解除されます。アクティブ コール中に デバイスをスリープ状態にすることはできません。

この機能は管理者が設定している場合にのみ使用できます。

1 

電話画面の左上隅をタップします。

2

[設定]をタップします。

3 

[スタンバイ] を選択します。

電話機がスリープ状態の場合は、通話を行う前や機能を使用する前にスリープを解除する必要があります。

デバイスの設定に応じて、次のいずれかの操作を実行します。

  • 電話機画面をタップします。
  • HDMI ケーブルを接続します。
  • ワイヤレス共有を開始します。
  • ノートパソコンを使用してルームに入室します。
  • 予定されているミーティングに関するコールまたは通知を受信します。

新機能が利用可能になったため、電話機は新しいファームウェアにアップグレードされます。このアップグレード は、電話機を初めてアクティブにした場合、またはアップグレードが 利用可能で電話機がアイドル状態の場合に発生します。

電話機をアップグレードするときは、 電話機にアップグレード通知が表示され、30 秒タイマーが開始します。何も操作しなければ、アップグレードが続行されます。 ただし、使用中の場合は、アップグレードを 6 時間後に延期することができます。

緊急アップグレードを延期することはできません。

この機能は管理者が設定している場合にのみ使用できます。

[延期] をタップして、アップグレードを遅延します。

ファームウェア アップグレードを延期したが、現在のファームウェア リリースをインストールする場合は、 [このデバイスについて] から電話機をアップグレードしてください。この機能は管理者が設定している場合にのみ使用できます。

また、このメニューから現在のファームウェア バージョンその他のファームウェア関連情報を表示できます。

1 

電話画面の左上隅をタップします。

2

[設定] > [このデバイスについて] に移動します。

3 

下にスクロールして [今すぐアップグレード] をタップします。

電話は、2 つの有線拡張マイクを備えたオプション キットをサポートしています。マイクは電話機から最大 2.13 m(7 フィート) まで延長できます。最適な効果を得るために、携帯電話から3フィート(0.91メートル)から7フィート(2.1メートル)の間にマイクを置きます。

1 

電話の側面のポートにマイク ケーブルの端を差し込みます。

2

マイクのケーブルを希望する位置まで延長します。

次の図は、有線拡張マイクの取り付けを示しています。
図 5:有線拡張マイクの取り付け
有線拡張マイクの取り付け

お使いの電話機を最大限に活用するには 、Webex で使用します。いったん接続すると、アイデアを共有したり ミーティングを行って同僚との共同作業が実現します。

詳細については、「Webex アプリがルームおよびデスク デバイスに自動的に接続する 」(https://help.webex.com/en-us/nliifbo/Webex-Teams-App-Automatically-Connects-with-Room-and-Desk-Devices)または「Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリケーションを使用する」(https://help.webex.com/en-us/nqx2ohdb/Use-the-Cisco-Webex-Meetings-Desktop-App)wお参照してください。