GOOGLE Meet ミーティングに OBTP で直接参加するには、ハイブリッド カレンダーを有効にする 必要があります。 Google Meet ミーティングの OBTP は、On-prem Exchange を使用している場合ではなく、カレンダー統合として Hybrid Google または Hybrid O365 を使用する場合にサポートされます。 Google Meet の OBTP は Webex アプリには表示しません。

ウェブ エンジンがオンでもオンに設定されている必要があります 。オンにしていない場合は、ここに記載されている手順に従ってオンにしてください。

Google Calendar (OBTP) のリソースをスケジュールする

デバイスを作成ミーティングのスケジュールリソースとしてデバイスを予約するには、Google Calendar を開き、リソース (会議室) としてデバイスを 追加します。 詳細については 、Google ドキュメント を参照してください。

Google カレンダーのパーソナル モードでデバイスをスケジュールする (OBTP)

個人用デバイスを持っているユーザー向けにミーティングをスケジュールすることもできます。 Google Calendar を開き、[ゲストの追加] の下でユーザー を追加します 。 Microsoft Exchange の場合も、Google カレンダーの場合も、カレンダー サービスをデバイスで有効にする必要があります。 詳細については 、Google ドキュメント を参照してください。


デバイスがデバイス用の Webex Edge にリンクされている場合、CE9.14.3 ソフトウェア バージョンが必要です。

1

の顧客ビューから https://admin.webex.com デバイス] ページに移動します。

2

右上隅にある [設定] を選択し、[WebRTC サポート] に移動します。 [Google Meet WebRTC 通話を有効にする] をトグルします

3

トークンを追加して Google 相互運用サービスを有効にできます。 これにより、ユーザーはゲストとして参加許可を待つことなくミーティングに参加できます。 Google のマニュアルに従って https://admin.google.com 、トークンを生成し 、[ 送信] をクリック します 。 このトークンを取得するには、Google Workspace の有料バージョンが必要となります。