デバイスを登録するには、まず、コントロール ハブで、アクティベーション コードを作成する必要があります。アクティベーション コードの作成方法については、場所の作成および Cisco Webex Room デバイスまたは Cisco webex Board のサービスの追加を参照してください。

ローカル Web インターフェイスから登録できるのは、事前に登録されていないデバイスのみです。


デバイスが以前に登録されていない場合、または工場出荷時の状態にリセットされている場合は、ウィザードからタイムゾーンと言語設定を設定する必要があります。ウィザードがタイムアウトした場合は、デフォルトの設定が適用されます。

制限事項 

API で使用できる設定、コマンド、およびステータスの一部は、オンプレミスの登録済みデバイスにのみ適用されます。上記は、Webex に登録されているデバイスには適用されません。API ガイドの サポートされるコマンドのマトリックスでは、これらの項目は、「オンプレミスのみ」とマークされています。

適用されない設定、コマンドおよびステータスはすべて、H.323、H.320、SIP、NTP、CUCM、LDAP、近接通信、および相手先カメラ制御に関連するものです。

上記カテゴリに対して API コマンドのプログラムを作成しないことを推薦します。

API 経由

API のアクセス方法の詳細は、詳細設定 の記事を参照してください。

xCommand Webex Registration Start

パラメータ:

ActivationCode(必須)<String: 16, 19>

制御ハブで作成されたこのデバイスのアクティベーション コード。

SecurityAction (必須)<Harden, NoAction>

Harden:このデバイス用に作成されたすべてのローカル ユーザを無効にして、マクロを無効にします。

NoAction:いかなる設定も削除されません。既存の統合を保持する場合は「 NoAction 」を使用してください。

説明: コントロール ハブで作成されたアクティベーション コードを入力して、デバイスの Cisco Webex への登録を開始します。ローカル ユーザと統合を維持するかどうかを選択する必要があります。

登録が正常に完了するか、失敗したかを確認するメッセージが表示されます。

xCommand Webex Registration Cancel

説明: Cisco Webex へのデバイスの登録をキャンセルします。このコマンドは、xCommand Webex Registration Start を使用して登録が開始された後の短期間にのみ機能します。

ローカル Web インターフェイス経由

ローカル Web インターフェイスにアクセスする方法の詳細は、詳細設定 の記事を参照してください。

デバイスが事前に登録されていない場合は、ここをクリックして、Webex に登録 ボタンをクリックします。ポップアップが表示され、コントロール ハブで作成したアクティベーション コードを入力することができます。


このデバイス用に作成されたすべてのローカル ユーザと統合は、非アクティブ化されます。