クラスルーム設定には、さまざまなシナリオに対応する次の定義済みの会議室モードがあります。

  • ローカルプレゼンターモード:

    • プレゼンターは会議室にいます。このモードは、地元の視聴者の誰かが質問をした場合も含みます(Q&A)。

    • 自動切り替えが有効になっている場合(デフォルト)、プレゼンターカメラが発表者を部屋で検出すると、部屋のデバイスはこのモードに切り替わります。

    • プレゼンターカメラから遠端にビデオを送信します。Q&Aの場合:プレゼンターカメラと質問をしている人(オーディエンスカメラ)からの分割スクリーンビデオを遠端に送信します。

  • リモートプレゼンターモード:

    • プレゼンターが電話をかけています。

    • 自動切り替えが有効(デフォルト)の場合、プレゼンターカメラが発表者を部屋で検出しないと、部屋のデバイスはこのモードに切り替わります。

    • オーディエンスカメラから遠端にビデオを送信します。

  • ディスカッションモード:

    • 会議室の中で地元の司会者と異なるサイト間のディスカッションのために。

    • このモードを有効にするには、常にTouch 10コントローラを使用してください。

    • オーディエンスカメラから遠端にビデオを送信します。

クラスルームの設定は会議室タイプのテンプレートとして利用できます。テンプレートを使用して会議室を設定すると、一連の設定がルームデバイスに自動的にプッシュされます。 会議室が正しく設定されていること、およびカメラが指定どおりに接続されていることが重要です。 そうでなければ、設定は会議室と一致しません。

クラスルームとブリーフィングルームのセットアップ

クラスルームの設定は、ブリーフィングルームの設定よりも画面の数やレイアウトが画面上でどのように分配されるかの点で柔軟性があります。また、より多くの製品がクラスルームをサポートしています。

教室

  • 対応製品:コーデックプラス、コーデックPro、SX80、Room 55 Dual、Room 70、Room 70 G2、MX700、MX800、MX800 Dual

  • 会議室デバイスが対応している画面はいくつでも使用できます。通常は2つまたは3つです。デフォルトの動作が要件を満たしていない場合は、ビデオモニタ設定を使用して画面上のレイアウトの分布を設定します。

ブリーフィング ルーム

  • 対応製品:コーデックPro、SX80、Room 70 G2、MX700、MX800、MX800 Dual

  • セットアップには3つの画面が必要です。また、画面上のレイアウトはその特定のシナリオに合わせて事前設定(および固定)されています。

必要な工具

以下の会議室用デバイスのうちの1つ:

  • コーデック:(Codecs:)

    • Codec Plus、Codec Pro、SX80

  • 統合デバイス:

    • Room 55 Dual

    • Room 70 Single、Room 70 Dual

    • Room 70 Single G2、Room 70 Dual G2

    • MX700、MX800、MX800 Dual

Screens

  • 1つまたは複数の画面を使用できます(画面の最大数は、会議室のデバイスの種類によって異なります)。

  • ほとんどの設定では、2つ以上の画面を使用することをお勧めします。メインスクリーンを会議室の前に置きます。2人目のスクリーンを横または後ろに配置して、ローカルの発表者がリモートの視聴者に見えるようにします。

2 台のカメラ

  • オーディエンスカメラ:それを持っているデバイスのための統合カメラを使用してください。他のデバイスの場合は、Cisco Quad Camera または Cisco TelePresence SpeakerTrack 60 カメラをお勧めします。 スピーカートラッキング機能付きのカメラをお勧めしますが、スピーカートラッキング機能なしでカメラを使用することも可能です。

  • プレゼンターカメラ:プレゼンタートラッキングが有効な Cisco TelePresence Precision 60 カメラ。

マイク

  • 部屋を十分カバーする Cisco TelePresence 天井マイクを推奨します。他のマイクソリューションを使用することもできます。

スピーカ

  • それがあるデバイスには内蔵スピーカーを使用してください。他の機器の場合は、会議室の正面のメインスクリーンの隣に高品質のステレオスピーカーを設置することをお勧めします。

Cisco Touch 10 コントローラ

クラスルーム設定の制限

Classroomを使用するときはサポートされていない機能:

  • 指向性オーディオ

  • ホワイトボードへのスナップ

教室の準備

図に示すように、カメラを会議室の機器に接続します。図に従って、デバイスに自動的にプッシュされる設定が実際の設定と一致することを確認します。

コーデックプラス:ケーブルの接続

コーデックプラス用ケーブルの接続

コーデックプロ:ケーブルを接続する

コーデックプロ用ケーブルの接続

オーディエンスカメラが Cisco TelePresence SpeakerTrack 60 カメラの場合は、2つの HDMI 入力を使用します。

SpeakerTrack 60カメラでコーデックプロのケーブルを接続する

SX80:ケーブルを接続する

SX80 用ケーブルの接続

このセットアップには、会議室の機器へのイーサネット接続が必要な周辺機器が2つ以上あるため、イーサネットスイッチが必要です。 スイッチをネットワーク ポート 1 には接続しないでください。これは LAN 接続用に予約されています。イーサネットスイッチが Power over Ethernet(PoE)を提供しない場合、Touch 10 のためのミッドスパン PoE が必要です。

オーディエンスカメラが Cisco TelePresence SpeakerTrack 60 カメラの場合は、2つの HDMI 入力を使用します。

SpeakerTrack 60カメラでSX80用のケーブルを接続する

Room 55 Dual、Room 70 Single、and Room 70 Dual:ケーブルの接続

Room 55 Dual、Room 70 Single、およびRoom 70 Dualのケーブルの接続

内蔵カメラとスクリーン用のケーブルを含め、すべての事前接続済みケーブルを工場出荷時の状態で保管してください。外部スクリーンとカメラを接続するだけです。

Room 70 Single:

  • HDMI出力1は会議室デバイスの統合画面用です。外部画面をHDMI出力2に接続することができます。

  • HDMI 入力 1 のオーディエンスカメラは、会議室デバイスの内蔵カメラです。

Room 55 Dual, Room 70 Dual:

  • HDMI出力1と2は、会議室デバイスの統合画面用です。外部画面はサポートされていません。

  • HDMI 入力 1 のオーディエンスカメラは、会議室デバイスの内蔵カメラです。

Room 70 Single G2 and Room 70 Dual G2:ケーブルを接続する

Room 70 Single G2 and Room 70 Dual G2のケーブル接続

内蔵カメラとスクリーン用のケーブルを含め、すべての事前接続済みケーブルを工場出荷時の状態で保管してください。外部スクリーンとカメラを接続するだけです。

Room 70 Single G2:

  • HDMI出力1は会議室デバイスの統合画面用です。外部画面はHDMI出力2と3に接続できます。

  • HDMI 入力 1 のオーディエンスカメラは、会議室デバイスの内蔵カメラです。

Room 70 Dual G2:

  • HDMI出力1と2は、会議室デバイスの統合画面用です。外部画面をHDMI出力3に接続することができます。

  • HDMI 入力 1 のオーディエンスカメラは、会議室デバイスの内蔵カメラです。

MX700、MX800、および MX800 デュアル:ケーブルの接続

デュアルカメラで MX700、MX800、MX800 Dualのケーブルを接続する

内蔵カメラとスクリーン用のケーブルを含め、すべての事前接続済みケーブルを工場出荷時の状態で保管してください。外部スクリーンとカメラを接続するだけです。

MX800:

  • 出力1(HDMI)は、会議室デバイスの統合画面用です。外部画面は、出力2(HDMI)と出力3(DVI)に接続できます。

  • HDMI 入力 1 および 2 のオーディエンスカメラは、会議室デバイスの内蔵カメラです。

MX700 および MX800 Dual:

  • 出力1(HDMI)と出力2(HDMI)は、会議室デバイスの統合画面用です。外部スクリーンを出力 3(DVI)に接続することができます。

  • HDMI 入力 1 および 2 のオーディエンスカメラは、会議室デバイスの内蔵カメラです。

ルームデバイスにカメラが1台しかない場合は、内蔵カメラ [オーディエンスカメラ(Audience Camera)] は HDMI 入力を 1 つだけ使用します。

MX700とMX800のケーブルを1台のカメラで接続する

会議室の配置例

これらの図は、スクリーン、カメラ、マイクの配置方法、最良の環境のために人を配置する場所の例を示しています。

クラスルームレイアウトスタイル

クラスルームレイアウトスタイル

ルームデバイスの設定

クラスルームを設定するときは、同じ部屋にいることをおすすめします。そうしないと、PresenterTrackを正しく設定できません。

  1. プレゼンタカメラからのビデオの共有を停止するには、タッチコントローラを使用します。クラスルームの設定中は、プレゼンターカメラからのビデオがどの画面にも表示されないことが重要です。
  2. https: /​/​admin.webex.com の顧客ビューから、[デバイス] ページに移動し、リスト内のデバイスを選択します。[サポート] に移動し、[Web ポータル] をクリックします。
  3. 詳細設定ページで、セットアップ > 構成に移動します。ビデオ > 入力 > コネクタnセクションに移動して、以下を設定します(nは、プレゼンターカメラが接続されているコネクタの番号です)。
  4. [セットアップ(Setup)] > [プレゼンタトラッキング(Presenter Tracking)] に移動して、[設定…(Configure…)] をクリックします。。次に、Webページの指示に従って、プレゼンターカメラのプレゼンタトラック機能を設定します。この機能により、カメラはステージ上を移動しているプレゼンターに従うことができます。
  5. [セットアップ(Setup)] > [設定(Configuration)] に移動します。[カメラ(Cameras)] > [プレゼンタートラック(PresenterTrack)] > [プレゼンター検出ステータス(PresenterDetectedStatus)] に移動して、ローカルプレゼンターモードとリモートプレゼンターモードの間の自動切り替えを有効にする(デフォルト)か無効にするかを選択します。この設定に関係なく、ディスカッションモードのときに会議室モードは自動的には変更されません。
  6. デフォルトの画面とレイアウトの動作が設定に合わない場合は、 次の設定を使用して画面とレイアウトを設定する必要があります。
  7. セットアップ > 会議室タイプに移動し、クラスルームサムネイルをクリックして対応する設定を会議室デバイスにプッシュします。
1

プレゼンタカメラからのビデオの共有を停止するには、タッチコントローラを使用します。クラスルームの設定中は、プレゼンターカメラからのビデオがどの画面にも表示されないことが重要です。

2

https: /​/​admin.webex.com の顧客ビューから、[デバイス] ページに移動し、リスト内のデバイスを選択します。[サポート] に移動し、[Web ポータル] をクリックします。

デバイスに管理者ユーザーを設定した場合は、詳細設定に直接アクセスできます。Web ブラウザを開いてhttp(s)://<エンドポイントのIPアドレスまたはホスト名>と入力してください。

3 

詳細設定ページで、セットアップ > 構成に移動します。ビデオ > 入力 > コネクタnセクションに移動して、以下を設定します(nは、プレゼンターカメラが接続されているコネクタの番号です)。

  • InputSourceType:カメラ

  • PresentationSelection:マニュアル

  • 品質:モーション

  • 可視性:なし

  • カメラコントロールモード:オン

[保存(Save)] をクリックして変更を有効にします。

4

[セットアップ(Setup)] > [プレゼンタトラッキング(Presenter Tracking)] に移動して、[設定…(Configure…)] をクリックします。。次に、Webページの指示に従って、プレゼンターカメラのプレゼンタトラック機能を設定します。この機能により、カメラはステージ上を移動しているプレゼンターに従うことができます。

5 

[セットアップ(Setup)] > [設定(Configuration)] に移動します。[カメラ(Cameras)] > [プレゼンタートラック(PresenterTrack)] > [プレゼンター検出ステータス(PresenterDetectedStatus)] に移動して、ローカルプレゼンターモードとリモートプレゼンターモードの間の自動切り替えを有効にする(デフォルト)か無効にするかを選択します。この設定に関係なく、ディスカッションモードのときに会議室モードは自動的には変更されません。

[保存(Save)] をクリックして変更を有効にします。

6

デフォルトの画面とレイアウトの動作が設定に合わない場合は、 次の設定 を使用して画面とレイアウトを設定する必要があります。

  • [ビデオ(Video)] > [モニタ(Monitors)]:会議室の設定でさまざまなレイアウトの数を定義します。

  • ビデオ > 出力 > コネクタ n > モニタロール:各画面に表示されるレイアウトを定義します。モニタの役割が異なる画面ではレイアウトが異なります。

7 

セットアップ > 会議室タイプに移動し、クラスルームサムネイルをクリックして対応する設定を会議室デバイスにプッシュします。

会議室モードの切り替え

会議室モード(ローカルプレゼンターリモートプレゼンターディスカッション)の切り替えは、2つの方法で行うことができます:

  • 手動で、Touch 10 コントローラのボタンを使用します。

  • 誰が話しているか、地元の司会者がステージにいるかどうかに基づいて自動的に表示されます。自動切り替えは、 ローカルプレゼンターモードとリモートプレゼンターモードの間でのみ行われます。現在のモードが [ディスカッション(Discussions)] の場合、ルームモードは自動的に変更されません。

    自動切り替えは、プレゼンタートラック機能が有効になっている(Cameras PresenterTrack EnabledがTrueに設定されている)場合にのみサポートされます。

自動切り替えでは、以下が実行されます。

  • 人物がプレゼンタートラックのトリガーゾーンで検出されると、デバイスは [ローカルプレゼンタ(Local Presenter)] モードに切り替えます。

  • 追跡されていたローカルプレゼンタがステージを降りると、デバイスは [リモートプレゼンター(Remote Presenter)] モードに切り替えます。

  • デバイスがローカルプレゼンターモードのときにローカルオーディエンス内の誰かが質問をすると、デバイスはプレゼンターと質問者の両方を示す分割画面のビデオを送信します。この動作には、 オーディエンスカメラとしてスピーカートラック60またはクワッドカメラが必要です。また、そのスピーカートラッキングはオンになっています。