ユーザーに表示されるもの

これらの設定は、ユーザーが Webex アプリ デバイスの設定 で表示できるものを制御します。

超音波ベースのデバイス検出について

Webexデバイスは超音波信号を発しますWebexアプリはその信号をコンピューターのマイクを通して聞くことができます。 これにより、アプリは最も近いデバイスに接続できます。 組織でこの機能が有効になっている場合、ユーザーは使用するかどうかを個別に選択できます。

組織で次の超音波検出動作から選択できます。

1

Control Hub にサインインします。

2

管理」から「」を選択します。 組織の設定 > Webex デバイスを検出します。

  • デバイスの検索時にユーザーのマイクを使用する—ユーザーのラップトップまたはデスクトップのマイクは、デバイスに接続することを選択した場合のみ超音波信号をリッスンし、接続中はアクティブなままになります。
  • ユーザのマイクを常に使用する—ユーザのマイクは、超音波信号を常にリッスンします。 Webex デバイスに手動で接続する必要があります。
    • 最も近いデバイスに自動的に接続する—このオプションをオンにすると、最も近い Webex デバイスに自動的に接続されます。

  • ユーザーのマイクを使用しない:ユーザーのマイクは近くのデバイスのリッスンに使用されません。 接続するには、ユーザはデバイスを検索して PIN を入力する必要があります。

 

クライアントと同期するには、変更に最大 24 時間かかります。

3

このリンクを選択します:デバイスに移動して、設定を選択します。 セットアップするデバイスの検出制御します。

4

有効化または無効化Wi-Fiとの接続性に基づいたデバイスの提案を有効にしますを選択します。

このオプションはデフォルトで有効になっています。

5

ユーザーが Webex アプリ を通じて超音波およびデバイスの接続設定を制御することを許可する場合は、「ユーザーが Webex アプリでデバイスの検出設定を編集することを許可する」にチェックを入れます。

Wi-Fiベースのデバイス検出について

環境で Wi-Fiベースのデバイスの検出が有効になっている場合、コントロールハブ、お客様のユーザーではなく、お客様のWi-Fi環境に関する特定の個人情報以外の情報を収集することに同意したことになります。 であなたのユーザーが以下のペアリングしたデバイスに接続するたびにWebexアプリ超音波接続を使用して、 WLAN環境に関する情報がクラウドで収集されます。 サービス セットの標識 (SSID) と基本 SSID (BSSID) は、目に見える WLAN を識別し、それらをクラウドのデータベースに保存し、後で検索照合操作で照合させるために使用されます。 WLAN は送信前の 1 方向のハッシュであり、サーバー側は人間が読み取ることができる SSID または MAC アドレスを決して読み取ることができません。

ユーザーがデバイスに接続場所: Webexアプリを使用する場合、アプリはユーザーが移動するときにWebexデバイスの存在を検出します。 その情報は、クラウドでこのデータベースにアップロードされます。 Proximity サービスは、アプリの現在の WLAN 環境をこれらの保存された観察と比較することで、近接する最大 5 台のデバイスを検出します。 ユーザーは接続先のデバイスを手動で検索する必要がなくなります。


範囲内のデバイスのリストはダイナミックで、ユーザーの場所に基づいて更新されます。

以下の情報を暗号化し、自動接続に対して、ユーザーに利用可能なデバイスを助言するためにのみ使用します。

  • 範囲内の Wi-Fi ネットワーク

  • Wi-Fi アクセス ポイント

  • ペアリング時のアクセス ポイントの信号強度

上記の情報は毎日デバイスごとに更新され、 Webexアプリは超音波接続を使用します。