デバイスに対してプログラムを実行するには、デバイスにローカルユーザがいる必要があります。ローカル ユーザの作成については、「ローカル ユーザの管理」の項目をご覧ください。

API には複数の方法でアクセスできます。選択する方法に関係なく、API の構造は同じです。用途に最も適した接続方法を選択してください。

  • SSH(セキュアな TCP/IP 接続デフォルトでは有効になっています)。

  • Telnet(DX、MX、および SX シリーズのデバイスでのみ使用可能デフォルトでは、ディセーブルです)。

  • HTTP/HTTPS(HTTPSはデフォルトで有効)。

  • IP アドレス、DNS、ネットワークがない状態でもシリアル接続を使用できます。デフォルトでは有効になっています)。

API Guide

最新バージョンの 「CE ソフトウェア用の API ガイド」でAPIの使用法について参照してください。

すべての製品の API コマンド、構文、セマンティクスについては、当ガイドで説明しています。

デバイスが Cisco Webex に登録されている場合に適用されないコマンド

API で使用できる設定、コマンド、およびステータスの一部は、オンプレミスの登録済みデバイスにのみ適用されます。上記は、Webex に登録されているデバイスには適用されません。API ガイド のサポートされるコマンドのマトリックスでは、これらの項目は、「オンプレミスのみ」とマークされています。

適用されない設定、コマンドおよびステータスはすべて、H.323、H.320、SIP、NTP、CUCM、LDAP、近接通信、および相手先カメラ制御に関連するものです。

適用されない設定とステータスは、後のソフトウェアリリースで Webex 登録済みデバイスから削除されます。上記カテゴリに対して API コマンドのプログラムを作成しないことを推薦します。