• ユーザーが複数の Webex アカウントのサインインを Chrome ブラウザーで 1 つの Webex アカウント(companyA.webex.comなど)を持っていて、ユーザーの Google アカウントで Cisco Webex Meetings for Google 拡張拡張にサインインして、別の資格条件で異なる Webex アカウント(companyb.webex.com)を使用した場合、そのユーザーは Cisco Webex Meetings for Google にサインすることはできません。 この問題が発生した場合、ユーザーは Chrome ブラウザをサインアウトし、クッキーを消去し、Cisco Webex Meetings for Google に再びサインインを試みる必要があります。

  • ユーザーが 1 つの Google アカウントで Google カレンダーにサインインし、別の Google アカウントで Cisco Webex Meetings for Google にサインインし、ユーザーが Cisco Webex Meetings for Google ウィンドウでミーティングのスケジュールを選択すると、ミーティングが正常にスケジュールされている場合でも、カレンダーは開かずに、スケジュールされたミーティングは表示されません。

  • ユーザーのパーソナル会議室の設定が変更された場合、これらの変更は Cisco Webex Meetings for Google に自動的には反映されません。 ユーザーが Chrome ブラウザーを再起動するか、Cisco Webex Meetings for Google を通じて、自分の Webex にサインインすると、パーソナル会議室のミーティング設定の変更が同期されます。

  • 主催者が Webex パーソナル会議室のミーティングを自分の Google Calendar に追加すると、ビデオ アドレスを含む確認が表示されますが、招待者には、このビデオ アドレスが表示されません。 しかし、招待者はビデオ アドレスと招待のミーティング リンクを見ることができます。

  • 時々、Cisco Webex Meetings for Google ウィンドウが完全には表示されません。 これが起こると、ユーザーは Chrome ブラウザーの Cisco Webex Meetings for Google アイコンをダブルクリックしようと試みることができます。